置戸ぽっぽ絵画館☆芸術作品が集まる寄贈美術館

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、2012年10月25日にオープンした置戸町の置戸ぽっぽ絵画館をご紹介します。

廃線となったふるさと銀河線旧駅舎(コミュニティーホールぽっぽ)の2階を利用した置戸ぽっぽ絵画館。建物の裏には今も線路が敷かれたままになっており、鉄道が走っていた頃の名残があります。

絵画館は、「無名画家の作品寄贈の場を」という新聞の投稿がきっかけとなり実現した寄贈美術館。しかし、素晴らしい芸術作品が一堂に集まったそう。現在展示している98点は、全国各地の画家やコレクターの手元に眠ったままとなっていた作品です。

北海道内外から絵画ファンが訪れる絵画館は、日本画や油絵、アクリル、水彩画、版画など多彩な作品が揃っていて見ごたえがありますよ!心に響くお気に入りの1枚に出会えるかもしれません♪

置戸ぽっぽ絵画館のホームページでは、寄贈作品や作家の紹介をしています。訪れることができない方も楽しむことができますので、ぜひご覧ください。

置戸ぽっぽ絵画館HP

また、開館記念として、日本で有名な方々の作品約100点を観覧することができる『選ばれた寄贈作品展』を開催中(2013年10月25日まで)。秋までのロングランイベントなのが嬉しいですね。


※置戸町のそのほかの情報はこちら!
▼職人の技☆置戸町・オケクラフトセンター森林工芸館
▼置戸町☆生産量日本一のヤーコンをお茶で味わう!
▼置戸町生涯学習情報センター☆ブックモービルも!
▼置戸町「一福」のカツ丼☆特製の醤油たれが絶妙!


オホーツク発掘ブログ

オオワシ・オジロワシの見分け方in道東・オホーツク

いちご狩り&さくらんぼ狩り☆網走よこやま果樹園

オホーツクでアサリの潮干狩り!道東・網走の能取湖

滝上町の秘境「浮島湿原」☆最高のハイキングコース

置戸ぽっぽ絵画館☆芸術作品が集まる寄贈美術館