事務局からのメッセージ

年が明けると流氷の到来が待ち遠しいですね。昨年の流氷初日は1/28、接岸初日は2/2でしたが、2019年はいつになるでしょうか?

冬ならではのお楽しみ☆雪上アニマルトラッキング

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、冬の北海道なら身近な環境でも楽しめるアニマルトラッキングをご紹介します。

アニマルトラッキングとは、野生動物の足跡や羽跡・食べ痕・糞などから行動や生態を探ること。シカやヒグマなど個体サイズが大きいものは畑の土やぬかるみでも深く足跡が残るので季節を問わず判別しやすいですが、身軽な動物たちの足跡は雪が積もる冬こそ、見つけやすいものです。さて下の写真は、どれが何の動物の足跡か分かりますか?

野生動物の足跡
野生動物の足跡 4 種類

正解は、右上から時計回りにエゾリス、エゾヤチネズミ、エゾユキウサギ、キタキツネ。いずれも網走市郊外で撮ったものです。

住宅地や繁華街ではあまり野生動物を見掛けなかったり、足跡があっても犬の散歩だったりすると思いますが、森に近い公園や草原、田園地域に行けば、野生動物の足跡は発見しやすいでしょう。

本格的に楽しみたい場合には、スノーシュー(かんじき)を用意してもいいですね。「この足跡は何の動物かな?」「どこへ向かっている?」「何を食べた?」「木に登った?」「夜はここで寝た?」と想像しながら足跡をたどると、気分はまるで名探偵♪ 実際に会えるかもと思うとさらにワクワクします。

北海道に暮らしていると、雪かきばかりでウンザリ・・と思うこともありますが、寒い冬をたくましく生き抜く野生動物の気配を身近に感じられるのは、励みにもなりますね。

冬のお天気が良い日は、コーヒーなど温かい飲み物を持参して、気軽にアニマルトラッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

★野生動物に関するそのほかの情報はこちら!
オオワシ・オジロワシの見分け方in道東・オホーツク
白鳥の飛来は今がピーク!濤沸湖冬の野鳥情報2018

おけと湖氷上ワカサギ釣り☆2月20日まで開催予定

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」は、置戸町にあるおけと湖の冬の風物詩氷上ワカサギ釣りについてご紹介します。

2019年は釣果があがっていないことから、遊漁料が無料になっています。とはいえワカサギが全く釣れないわけではないので、気軽に楽しみたい方はこの機会にチャレンジしてはいかがでしょうか?

おけと湖の氷上ワカサギ釣り
おけと湖の氷上ワカサギ釣り

おけと湖は、常呂川源流の水が注ぎ込み、きれいな水をたたえているダム湖です。そのため、ここで育ったワカサギはとてもおいしいと評判です。

厳しい寒さでも知られていますが、混雑することもなく、ゆっくりと釣りを楽しめる穴場のスポットとして人気があり、ヤマベニジマスなどの大物が釣れることもあるそうですよ。

1月27日(日)には「第34回おけと湖氷上釣り大会」が開催されます(参加は先着100名、申し込み締め切りは23日(水)まで)。一般と中学生以下に分けての「ワカサギ大漁賞」、女性には「釣女賞」、ワカサギ以外の魚の「大物賞」などの表彰もあるので、家族そろって参加してみては♪

☆詳しくはこちらをご覧ください。
おけと湖氷上釣り場遊漁料変更のお知らせ
第34回おけと湖氷上釣り大会

釣り道具などの貸し出しや売店などはありません。道具類の準備や、カイロなどの防寒対策を万全にして、ワカサギ釣りを楽しんでくださいね。

★置戸町のその他の情報はこちら!
置戸町生涯学習情報センター☆ブックモービルも!
職人の技☆置戸町・オケクラフトセンター森林工芸館

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

斜里「第3回知床流氷フェス2019」☆1/30から開催

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

2019年もオホーツクに関するさまざまな情報や魅力を発信してまいります!どうぞよろしく願いいたします。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、2019年1月30日(水)から2月28日(木)まで斜里町・国設知床野営場内で開催されるロングランイベント第3回知床流氷フェス2019をご紹介します。

冬期閉鎖中のキャンプ場を舞台に行われる体験型のイベントで、知床の冬をより身近に感じることができます。

斜里町「知床流氷フェス2019」ポスターの画像
「知床流氷フェス2019」のポスター

アイスドームアイスタワー、氷のオブジェなどが造られた会場は、ライトアップされてとても幻想的!さらに、空中テントハンモックから見上げる夜空もまた格別です。 スライドショーやネイチャーガイドによるトークショーで知床の自然や動植物について知ることもできますよ。

また、かまくらの中に設けられたアイスバーで特製カクテルを飲んだり、焚火コーナーでマシュマロやチーズ、鮭トバを炙って食べたり。知床チェプ饅はぜや珈琲のオリジナルホットコーヒーなどの販売もあり、グルメも楽しめます。

開催期間中は18時30分から21時まで開場していて、入場料金は500円(知床キャラクターのトコさんバッジと、ホットワイン・ホットココアどちらかワンドリンク付)です。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
第3回知床流氷フェス2019:斜里町観光協会
知床流氷フェス実行委員会Facebookページ

イベント会場へは無料の巡回バスが運行されます。悪天候などの理由により中止になることもあるので、Facebookページで確認することをおすすめします。しっかり防寒対策をして知床の冬を体感してみませんか?

★斜里町のそのほかの情報はこちら!
道の駅しゃり☆「来運グッズ」や名水をお土産に
斜里町「サチク赤豚」☆知床しゃりブランドにも!

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

2019 びほろ冬まつり☆JR美幌駅横会場で1/27開催

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、2019年1月27日(日)美幌町JR美幌駅横特設会場で開催される「2019 びほろ冬まつり」をご紹介します。

実行委員会では現在、イベントを盛り上げる「第3回世界大会びほろスノーバスケット」の出場チームを募集中です(1月17日まで)。1チーム5名以内で小学生の部と一般の部があり、入賞チームには賞金も!また、順位に関係のない「仮装賞」もあるそう。お友達やお仲間と挑戦してみてはいかがですか?

びほろ冬まつり
びほろ冬まつり スノーバスケット大会の様子

美幌峠太鼓の演奏で開会するステージでは、このスノーバスケット大会のほか、ダンスや耐寒ラジオ体操駄菓子まきお楽しみ抽選会などが行われます。

さらに、ステージ外イベントとして、寒中で豚ジンギスカンを楽しむ人寒(ジンカン)パーティ(前売り券発売中。当日券もあり)や、無料配布千人鍋など、寒さを吹き飛ばす美幌のグルメを味わえます。焼きそばやクレープなどの屋台も出店していますよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
祭り・イベント「2019びほろ冬まつり」:美幌町

ほかにも、毎年子どもたちに大人気のジャンボ滑り台ストラックアウト宝探しがあり、家族揃って楽しめる真冬のイベントです。防寒対策を万全にして、ぜひ足を運んでみてくださいね。

★美幌町のそのほかの情報はこちら!
美幌林業館「きてらす」☆冬も遊べる室内木育施設
美幌「LIFE IN BIHORO」温泉&ヨガ&スケートボード&カフェ

        ◆◇ ◆◇ ☆ ◇◆ ◇◆

2018年の更新は、本日が最後になります。今年も1年、オホーツク発掘ブログをご覧いただきまして、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします!

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

紋別・流氷砕氷船ガリンコ号☆2019年は1/10から

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、2019年1月10日(木)から冬季の運航を開始する流氷砕氷船ガリンコ号IIをご紹介します。発着場所となるガリンコステーション(海洋交流館内)は紋別市の海洋公園(ガリヤ地区)にあります。

紋別市・流氷砕氷船「ガリンコ号II」の画像
流氷砕氷船「ガリンコ号II」

例年、紋別に流氷が接岸するのは2月上旬。運航開始早々に流氷に出合えることは稀ですが、サンライズサンセットクルーズでは太陽の光で輝く雄大なオホーツク海を望むことができます。

そして、流氷が到来すれば、スクリューを回転させガリガリと力強く氷を砕きながら流氷原を進む様子を間近で楽しめます(冬季運航は3月下旬まで)。

ガリンコ号IIは完全予約制ですので、この冬に流氷観光をご検討されている方は、早めの予約をおすすめします。電話予約は乗船日の前日までです。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
オホーツク紋別 流氷砕氷船ガリンコ号II

また、12月22日(土)には大平まゆみ船上ヴァイオリンコンサートクルーズが、2019年1月1日(火)には初日の出クルーズが行われます。新年の幕開けを船上で迎えるのはいかがですか?

★紋別市のそのほかの情報はこちら!
紋別「オホーツク氷紋の駅」☆紋太の湯&ショッピング
紋別「市営大山スキー場」流氷も望める雄大な景色

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

Copyright (C) 2010 - 2019 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.