事務局からのメッセージ

「ゆるキャラグランプリ2017」に「オホ☆キャラ隊」からも4体が参戦しています。応援よろしくお願いします!(11月10日まで)

美幌町「まちの洋食屋らぐぅ」☆煮込み料理が自慢

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、美幌町で地元の食材を使用した料理を提供する 「まちの洋食屋らぐぅ」をご紹介します。

道産小麦を100%使った自家製の天然酵母パンや、シフォンケーキスコーンなども店内の棚に並び、製品のみの購入も可能です。

美幌町「まちの洋食屋らぐぅ」
まちの洋食屋らぐぅ

店名の「らぐぅ」とはフランス語で「煮込み」のこと。20時間以上かけて作る自慢のデミグラスソースは、牛タンシチュービーフシチュー煮込みハンバーグオムライスなどのメニューで味わえます。

野菜は主に美幌産のもの、また北斗ポーク(美幌産)を使ったステーキピラフなどのメニューも。フレンチトーストソフトアイスなどのデザートメニューもありますよ。

営業時間は、ランチ11時30分から15時まで、ディナー17時から20時まで(定休日:水曜日)です。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
まちの洋食屋らぐぅFacebookページ

お店は、古民家を自分たちの手で改装した「手作り」。ぬくもりが感じられるゆったりとした空間で、心を込めて作られたおいしい料理を味わってみませんか。

★美幌町のそのほかの情報はこちら!
璃寛茶(りかんちゃ)☆美幌産米を使ったおにぎり屋
美幌・カフェ「ビオトープ」☆有機野菜中心のメニュー

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

北見「豚まん屋包籠(パオロン)」☆手作りの味

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、北見市の国道39号線沿いにある豚まん屋包籠(パオロン)をご紹介します。

豚まんなどオリジナルの中華まんのほか、シフォンケーキやかき氷などのスイーツもあり、テイクアウトもできますよ。

「豚まん屋包籠(パオロン)」
「豚まん屋包籠(パオロン)」

ボリュームのある中華まんは、ニラまんカレーまんタンドリまんなどいろいろ。土日限定で、北見産しいたけ入りのこだわり肉まんや、黒胡麻あんまんも登場します。生地はベーキングパウダーを使わず、15時間以上かけて1次発酵させたものだそう。

また、種類豊富なシフォンケーキかき氷わたアメも評判。そのほかスープドリンクシーシャ(水たばこ)などのメニューもあり、手作り雑貨も販売しています。

☆詳しくはこちらをご覧ください
豚まん屋包籠(パオロン)ブログ

営業時間は11時ぐらいから20時くらいまで(無休)。地元の学生や子どもたちにも人気がある、遊び心満載の豚まん屋包籠に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

★そのほかの北見市の情報はこちら!
北見・豆ちゃん豆腐店☆おいしい手作り製品が評判
北見「たまコロ」☆たまねぎが主役のご当地コロッケ

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

「えんがるロックバレースキー場逆走マラソン2017」9/24開催

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では2017年9月24日(日)遠軽町で開催される「えんがるロックバレースキー場逆走マラソン2017」についてご紹介します。

平成32年度末に、旭川紋別自動車道の遠軽インターチェンジと道の駅が新設される予定のロックバレースキー場。そのゲレンデを駆け上がるマラソン大会で、種目は大人の部、子供の部、団体の部の3つです。

遠軽町「えんがるロックバレースキー場」の画像
えんがるロックバレースキー場

大人の部は、林間コースを使った頂上まで(約2km)のコース。ゴールの山頂からは街並みを一望でき、遠くオホーツク海も望めます。

子供の部は、小・中・高校生に分かれて行われます。小学生はファミリーゲレンデのバンビリフト頂上(約400m)、中学生高校生は、西斜面ゾーンを通過しチャンピオンコース中間地点(約1km)がゴールです。

また、4名が同時にゴールしたタイムを競う(約400m)団体の部も!メンバーは当日までに決まっていればOKです。

各種目の上位3名(組)に賞金が、全員に参加賞が贈られます。参加資格は「小学生以上で2km以上を走ることができる健康な方」。申込みは、遠軽町ホームページにある申込フォーム・遠軽青年会議所事務局で受け付けています(定員200名・9月20日締切り)。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
えんがるロックバレースキー場「逆走マラソン2017」:遠軽町HP
えんがるロックバレースキー場逆走マラソン2017:遠軽青年会議所HP

当日、スキー場ロッジ前には屋台が並ぶそう。秋のゲレンデを走り、楽しい1日を過ごしてみませんか。

★遠軽町のそのほかの情報はこちら!
遠軽町「マイスター」☆はちみつ&枝豆の天然コスメ
遠軽「ひらやま」☆登山者を魅了する景観と動植物

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

津別町「川瀬牧場」☆流氷牛と自家製ホットドッグ

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、津別町で、町内の牧場とともに流氷牛を生産している川瀬牧場をご紹介します。

牧場では、母牛の牛肉を原料としたウインナーなど加工品の製造・販売も行っており、直売所カフェ「GYUGYU-TTO terrace ぎゅぎゅーっとテラス」(土曜日11:30から16:00までオープン)でホットドッグなどを味わうことができます。

「川瀬牧場」看板の画像
「川瀬牧場」看板

カフェでは、津別産の4種の小麦をブレンドして焼いた自家製パンに具をはさんだホットドッグローストビーフドッグが好評。ドリンクも地元にある幾島珈琲研究所のコーヒーや、香遊生活のオーガニックハーブティーなどが楽しめます。

また、イベントに参加することもあり、9月3日は津別野外音楽祭に出店します。そのほか、併設する民宿ファームイン・カモマイルでは、滞在型の酪農体験ができますよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください
川瀬牧場Facebookページ

家庭のような雰囲気でゆったりくつろげるカフェは、メニューが2時間ほどで完売してしまうこともあるそう(加工品などの購入はできます)。イベントなどでお休みのときもありますので、営業を確認して、早めに行かれることをオススメします。

★そのほかの津別町の情報はこちら!
津別「駅舎cafeくるみの森」☆手作りスイーツが人気
津別町☆L・teやさいCafe(エル・テやさいカフェ)

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

北見市「美里洞窟」☆仁頃山中腹にある鍾乳洞遺跡

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、北見市仁頃山中腹にある、道内で最初に確認された鍾乳洞遺跡「美里洞窟」をご紹介します。

石灰岩が雨水の浸食を受けてできた自然洞窟で、毎年7月1日から10月31日まで公開されています。

北見市「美里洞窟」の画像
美里洞窟

美里洞窟は、複数の時代にわたって利用された遺跡。発掘調査は1961年と1962年に北見郷土研究会によって行われ、アイヌ文化期縄文時代中期縄文時代早・前期のほか、後期旧石器時代のものと見られる遺物が出土しています。

縄文時代に道具や武器に使われた石鏃(せきぞく)や縄文土器の破片、アイヌ文化の頃ものと思われる骨角器などの出土品は、北網圏北見文化センターに所蔵されています。

出土遺物と地理的な環境から、定住ではなく狩猟の時にキャンプ地として利用していたと考えられているそう。

洞窟まで行くには、林道に車を駐車し急な坂道を5分ほど歩きます。現在、途中に太さ60cmほどの倒木があるため、乗り越えて進む必要がありますが、木には足をかけやすいよう切り込みが入っていますよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
美里洞窟:北見市HP

洞窟内は真っ暗なのでライトの用意と、蚊などの虫対策をして行かれることをおすすめします。

★北見市のそのほかの情報はこちら!
焼肉のまち北見クッキー☆玉ねぎ&米入りスイーツ
北見「たまコロ」☆たまねぎが主役のご当地コロッケ

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

このブログについて

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.