事務局からのメッセージ

道内各地で初雪を迎え、山々の頂には雪化粧が施される季節になりました。冬タイヤや雪囲い、防寒着など冬支度はお済みですか?

北見・オホーツクサボン ヌフ☆ヤギのミルクの石鹸

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、北見市オホーツクサボン ヌフをご紹介します。

道内のせっけん工房などで作り方を学んだオーナーが、実家の農家で除草用にと飼育していたヤギのミルクを使い、ゴートミルクソープ(山羊乳のせっけん)を製品化しました。

<オホーツクサボン ヌフのゴートミルクソープ
オホーツクサボン ヌフのゴートミルクソープ

ヤギのミルクにエキストラバージンオリーブオイルや、パームオイルパーム核オイルグレープシードオイルなどをバランスよく配合し、昔ながらのコールドプロセス製法で丁寧に作られているゴートミルクソープ

ヤギのミルクは人の母乳に成分が近く、香料なども無添加なので、赤ちゃんや肌にトラブルがある人にも安心して使えるそうです。「優しく包み込む感じで洗顔後のツッパリ感もない」「保湿抜群」などの感想も寄せられ、その評判は少しずつ広まっています。

商品は、津別町のTSKOOL(ツクール)や斜里町のしれとこくらぶ、北見市のコミュニティプラザパラボなどで販売されているほか、インターネットからも購入できます。

☆詳しくはこちらをご覧ください
オホーツクサボン ヌフ- Facebookページ
OKHOTSKSAVON Neufのゴートミルクソープ

北見発の新ブランド「オホーツクサボン ヌフ」では、今後は香りが付いた商品も展開する予定があるとか。優しい手作りせっけんは贈答用にもぴったりですから、ぜひ一度手にとってその良さを確かめてみてくださいね。

★北見市のそのほかの情報はこちら!
北見市「オホーツクベーグル」☆モチモチの食感♪
本格焼酎「じゅ・ぷらん」☆北見産たまねぎを使用

紋別市健康プール「ステア」☆冬の体力づくりにも

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、紋別市健康プール「ステア」をご紹介します。

館内には、日本水泳連盟公認の競技プール(7コース)や、流水プール広場ウォータースライダー、6・7・8月開放の屋外プールがあります。エアロバイクやランニングマシンが設置されたトレーニング室は、基礎体力づくりやウエイトトレーニングに最適です。

紋別市健康プール「ステア」流水プール広場の画像
流水プール広場

なかでも人気なのはウォータースライダーです。全長86mと35mの2つのコースは、スピード感のあるスリリングな滑りを満喫できますよ♪ ほかにも、ゆっくりと流れているプールや、ちびっこプール、ジャグジーなどがあり家族で楽しめます。

また、スイミングスクールも開講されており、小さなお子さんから高齢者まで水泳に親しんでいます。フィットネス講座には、水中エクササイズや、ボクシングフィットネスなどの脂肪燃焼エクササイズも。どちらも定期的に行われていて気軽に申し込むことができます。

☆営業時間や休館日など詳しくはこちらをご覧ください。
紋別市健康プール「ステア」

運動不足になりがちな冬の体力づくりにもおすすめの紋別市健康プール「ステア」。身体を動かしに出かけてみませんか?

★紋別市のそのほかの情報はこちら!
紋別「オホーツク氷紋の駅」☆紋太の湯&ショッピング
紋別市☆北海道立オホーツク流氷科学センターGIZA

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

津別町☆山上木工のアンテナショップ「TSKOOL」

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、津別町活汲(かっくみ)にあるTSKOOL(ツクール)をご紹介します。

地元企業の株式会社山上木工が、「あたらしいチャレンジ、あたらしい価値を作っていく」場として、廃校になった旧活汲小学校の校舎を活用。アンテナショップ「TSKOOL(ツクール)」をオープンしました。

TSKOOL(ツクール)
TSKOOL(ツクール)

オリジナルブランド「ISU-WORKS」の椅子テーブルを中心に、テーブルの天板に使われる無垢の一枚板など、山上木工自慢の製品が、広いスペースにゆったりと展示されています。実際に板を選んでオーダー家具の注文もできるそう。

さらに、海外ブランドのランプシェードカードケースキーホルダーなどの小物のほか、野つけうるしの漆製品、オホーツク産の山羊のミルクの石鹸など、厳選された製品を販売しています。

今後は、木工教室の開催や、カフェスペースのオープンも計画しているとか。営業時間は、朝10時から平日は15時、土日祝は16時まで(第2土曜日は休業)です。

☆詳しくはこちらをご覧ください
TSKOOL(ツクール)
TSKOOL(ツクール)- Facebookページ

キズや汚れが付いたものなど、アウトレット製品があるのも、アンテナショップならではの魅力です。ぜひ、掘り出し物やお気に入りの作品を見つけてくださいね。

★津別町のそのほかの情報はこちら!
津別町・幾島珈琲研究所☆こだわりの焙煎珈琲豆
津別町「川瀬牧場」☆流氷牛と自家製ホットドッグ

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

遠軽・雨宮21号「卆寿記念雪中特別運行」☆12/8.9

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、2018年12月8日(土)・9日(日)遠軽町丸瀬布森林公園いこいの森で開催される森林鉄道蒸気機関車・雨宮21号「卆寿記念雪中特別運行」をご紹介します。

SL雨宮21号が今年、生誕90年の節目を迎えました。それを記念し、冬期閉園中の園内を開放して6年ぶりに雪の中を走ります。

遠軽町・森林鉄道蒸気機関車・雨宮21号「卆寿記念雪中特別運行」チラシの画像
雨宮21号「卆寿記念雪中特別運行」のチラシ

雨宮21号は1928年(昭和3年)に東京の雨宮製作所で製造された国産初の11トン機関車で、国内で唯一動く状態で保存されている貴重な車両です。北海道遺産や準鉄道記念物などにも認定されています。

運行時間は、8日が10-15時(12時30分の便は運休)、9日が10-12時でいずれも毎時00分と30分発。乗車料金は大人500円・子供250円です。

また乗車する以外にも楽しめるのが、雨宮21号ライトアップ撮影会(8日 16-17時)と、蒸気吹き出し作業見学会(9日 13時から15分間)です。蒸気吹き出し作業とは、機関庫に格納する前に車体から蒸気を抜き、圧力を下げるために行うもの。普段は見られない作業風景で、あたり一面が真っ白な蒸気に包まれるほど迫力満点です!

☆詳しくはこちらをご覧ください
森林鉄道蒸気機関車・雨宮21号「卆寿記念雪中特別運行」:遠軽町

当日は、JR丸瀬布駅から会場まで無料の路線バスや臨時送迎バスが運行されます。JRを利用して来場した人にはプレゼントがあるそう♪ 会場では温かい飲み物や関連グッズの販売コーナーも用意されています。ぜひイベントへ足を運んでみてくださいね。

★遠軽町のそのほかの情報はこちら!
えんがるロックバレースキー場☆絶好の雪とゲレンデ
遠軽町「マイスター」☆はちみつ&枝豆の天然コスメ

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

白鳥の飛来は今がピーク!濤沸湖冬の野鳥情報2018

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、網走市小清水町にまたがる濤沸湖(とうふつこ)冬の野鳥情報2018をご紹介します。

釧路湿原やウトナイ湖と同様、ラムサール条約登録湿地に指定されている濤沸湖では今、白鳥の飛来がピークを迎えています。濤沸湖水鳥・湿地センターが11月15日に行ったハクチョウカウント調査では、オオハクチョウの数は675羽だったそう!

濤沸湖にいる野鳥を観察できるスポットは、濤沸湖水鳥・湿地センターがある白鳥公園のほか、湖の南側にある平和橋や小清水原生花園の展望牧舎など。写真は白鳥公園から撮った濤沸湖の様子です。

20181117撮影濤沸湖
濤沸湖 2018年11月17日撮影

これからの季節はオオハクチョウカモ類カモメ類、天然記念物のオオワシオジロワシタンチョウヅルなどが見られます!しっかり観察したい方は双眼鏡や望遠鏡、高倍率ズームのカメラがあると便利ですね。

濤沸湖水鳥・湿地センターでは常設されている望遠鏡も利用できますので、手ぶらで訪れた際にはぜひお立ち寄りを。濤沸湖で今見られる野鳥の名前や特徴なども展示されており、お役立ち情報もゲットできますよ♪

☆詳しくはこちらをご覧ください。
濤沸湖水鳥・湿地センター

野鳥の楽園、濤沸湖。オオハクチョウをはじめ、冬だからこそ出合える鳥がたくさんいますので、暖かい服装でバードウォッチングを楽しんでくださいね!

★濤沸湖付近のそのほかの情報はこちら!
小清水ツーリストセンター☆アウトドア観光の拠点
網走・オホーツク海に一番近いJR北浜駅&「停車場」

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.