事務局からのメッセージ

オムサロ原生花園ワッカ原生花園小清水原生花園など、オホーツクの原生花園では花が見ごろです。秋まで楽しめますよ!

大空町「ノンキーランドふるさとまつり」8/27開催

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、2017年8月27日(日)大空町東藻琴緑とチーズの里ふれあいパークで開催される「第38回ノンキーランドふるさとまつり」についてご紹介します。

実行委員会では、メインイベント「ロール転がしどってん酷」参加チームを募集中(8月10日まで・先着順)。牧草ロールをチームで転がす、楽しく白熱するタイムレースですよ。

大空町「第38回ノンキーランドふるさとまつり」チラシの画像
「第38回ノンキーランドふるさとまつり」のチラシ

「ロール転がしどってん酷」男子の部は重さ400kg、女子の部は重さ300kgのロールを転がします。男女ともチーム編成は4名。往復80mのコース途中にある、高さ91cmの山が勝負の分かれ目になることもあるそう。

会場には、東藻琴牛知床牛を味わえる野外バーベキュースペースがあり、売店で焼肉券(特産品などが当たる抽選券付き)のほか、 ご当地グルメなどいろいろな飲食物を購入できます。また、子ども縁日や遊具があるちびっ子広場も。

さらに、毎年好評の野菜即売会東藻琴高校フレッシュマーケット歌謡ショーもちまき大会(長いも・しじみなどとの交換券入りもあり)なども行われます。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
第38回ノンキーランドふるさとまつり:大空町HP

地元の美味しいグルメが味わえ、町外のチームも参戦するロール転がしなどイベントがいっぱいの、ノンキーランドふるさとまつりに足を運んでみてくださいね。

★大空町のそのほかの情報はこちら!
満開の黄色い花に感動☆大空町のひまわりスポット
道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」☆グルメ&物産品

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

網走・杉村農園☆あばしりピースたまご&スイーツ

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、網走市平和にある杉村農園の「あばしりピースたまご」をご紹介します。地名の「平和」から名前が付けられた、美味しい地たまごです。

鶏たちは、開放鶏舎で、できるだけ地元のものを自家配合して発酵させたエサを食べ、のびのびと育てられます。

あばしりピースたまご直売所(杉村農園)画像
あばしりピースたまご直売所(杉村農園)

エサは、オホーツク産小麦をメインにホタテの貝殻野菜(豆・じゃがいも・カボチャほか)、魚粉果物など。中には、近隣の農家や漁師の方から分けてもらうものもあるそうです。

農園には直売所メレンゲ工房(4月末から10月まで)があり、たまごのほか手作りスイーツも販売。ノンオイルシフォンケーキひよこボーロプリンなど、網走産きたほなみやオホーツクあばしり牛乳、オホーツクの塩などを素材にした商品です。

また、スモークチキンたまごかけ鶏醤などのオリジナル製品も並んでいます。直売所は毎週土曜・日曜・祝日の10時頃から15時頃まで(商品が無くなり次第終了)。国道238号線沿いにあり、入り口ののぼりが目印ですよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください
あばしりピースたまごFacebookページ

ピースたまごは、グリーンヒル’905(土・日のみシフォンケーキも販売、冬季を除く)、コープさっぽろ網走店、北見市のコミュニティプラザ・パラボなどでも販売しています。こだわりの卵とスイーツを、ぜひ味わってみてくださいね。

★そのほかの網走市の情報はこちら!
網走☆不思議な食感が魅力「お菓子な牛乳かい!?」
網走☆てんとらんど「ぼうけんの森」三世代で!

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

小清水原生花園☆天然の花畑&海・湖・山の絶景

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、小清水町「小清水原生花園」をご紹介します。

オホーツク海と濤沸湖に挟まれた約8kmの細長いエリアにある天然の花畑と、斜里岳や知床連山、能取岬などを望む景色が美しく、北海道遺産にも選定されています。

小清水町「小清水原生花園」の画像
小清水原生花園

園内ではシーズン中、約200種類の花が咲きます。特に6月中旬から7月下旬までは、エゾスカシユリエゾキスゲハマナスなど、たくさんの花が見頃となります。

5月から10月まではJR原生花園駅が臨時駅として営業。駅からは遊歩道が整備されていて、花々や絶景を満喫しながらゆっくりと散策ができます。途中にある天覧ヶ丘展望台からの眺望もおすすめです。

さらに、駅前にあるインフォメーションセンター「Hana」では、小清水町の四季や花の様子をシアターなどで紹介しています。シーズンや天候を問わず、原生花園の魅力を知ることができますよ。

また、2016年秋には、濤沸湖側に長さ126mの木道が完成。湿地の上で、草花の観察やバードウォッチングが楽しめます。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
小清水原生花園の概要:小清水町HP
濤沸湖木道:小清水町HP

Hanaでは、その時期に見頃の花を掲示板でチェックしたり、休憩したりすることも。自転車の貸し出し(無料)もしています。ぜひ、小清水原生花園に足を運んでみてくださいね。

★小清水町のそのほかの情報はこちら!
道の駅「はなやか小清水」☆地元産のお土産やグルメ
小清水町「フレトイ展望台」☆流氷の絶景スポット

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

「ネイパル北見」☆少人数でも家族でも利用OK!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、北見市常呂町栄浦にある「北海道立青少年体験活動支援施設 ネイパル北見」をご紹介します。

ネイパルとは「自然=ネイチャー」と「仲間=パル」を意味する造語。研修・スポーツ・自然観察の目的があれば、学校や団体のほか少人数のグループや家族など、誰でも利用OKですよ。

北海道立青少年体験活動支援施設 ネイパル北見
北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル北見

館内には、宿泊棟や食堂、研修室などがあり、バスケットボールやバレーボール、バドミントンもできる体育館(ふれあい広場)が併設されています。さらに4台のかまどを備えた野外炊事場も。

また、カヌー・いかだ体験(サロマ湖)やウォークラリーワッカ原生花園)などの野外活動、施設周辺での自然観察ところ遺跡の森見学学習など、たくさんの活動プログラムが用意されています。

クラフト製作などの創作活動や、フロアカーリングなどのスポーツロープワークなどの学習を屋内ですることもできます。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル北見HP
北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル北見Facebookページ

ネイパル北見では、1年を通してさまざまなイベントを企画しています。対象も幼児から一般までと幅広く、親子で楽しめるものも。こちらもチェックして、参加してみてくださいね。

★そのほかの北見市の情報はこちら!
北見市景観フォトコンテスト☆まちの風景を募集中
北見「常呂町森林公園」☆記念塔&パークゴルフ

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

網走「濤沸湖」☆エコツアーマップで散策を楽しむ

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

網走市小清水町にまたがる濤沸湖は、外周30km、平均水深1.1mの川と海の水が混じり合う汽水湖。栄養豊かな湿原には多くの生き物が生息しています。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、濤沸湖水鳥・湿地センターが毎月発行しているエコツアーマップについてご紹介します。センターを拠点に徒歩や自転車で巡れる散策コースと、観察できる動植物が写真付きで掲載されています。

網走市「濤沸湖水鳥・湿地センター」と斜里岳の画像
濤沸湖水鳥・湿地センターと斜里岳

コースは白鳥展望公園までの450m(約10分)、丸万川に架かる湖畔橋までの2.3km(約30分)、第1パーキングまでの1.9km(約25分)、小清水原生花園までの5.1km(約65分)の4つ。センターでは自転車の貸し出し(無料)もしています。

濤沸湖周辺では250種類の鳥類が確認されており、一年を通してバードウォッチングが楽しめます。マガモオジロワシタンチョウなどのほか、渡り鳥や旅鳥が飛来。冬にはオオワシオオハクチョウの姿も見られます。

また、花の季節は4月から10月上旬まで。ミズバショウヒオウギアヤメエゾスカシユリエゾキスゲハマナスなど、さまざまな花に加え、塩性湿地に生息するアッケシソウなどを見ることもできます。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
濤沸湖水鳥・湿地センターHP

湖畔からは斜里岳藻琴山も望めます。鳥のさえずりを聴きながらゆっくり歩き、濤沸湖の魅力を満喫してみませんか。

★そのほかの網走市の情報はこちら!
網走「JR藻琴駅」☆レトロ感漂う駅舎&喫茶トロッコ
網走・オホーツク海に一番近いJR北浜駅&「停車場」

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.