事務局からのメッセージ

鍋料理が恋しい季節になりました。オホーツクは、海の幸、山の幸とも地元産のおいしい具材が豊富♪ いろいろな鍋が楽しめますよ。

津別「CHANOMA」☆平日を過ごすカフェ&ランチのお店

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、津別町にある「CHANOMA(ちゃのま)」をご紹介します。『気軽に集える「お茶の間」』として利用できるカフェ&ランチのお店です。

営業は月曜日から金曜日まで(祝休)の9時30分から17時まで。オーナーが大通の空き店舗を改装し、一人で切り盛りしています。

カフェ&ランチのお店「CHANOMA」の画像
カフェ&ランチのお店「CHANOMA(ちゃのま)」

定番のフードメニューは、津別産小麦のパンに手作りハンバーグをはさんだ照り焼きハンバーガー道産小麦の全粒粉のピザナポリタンふわとろパンケーキなど(ランチタイムの混雑時には提供できない場合もあり)。

さらにパフェパウンドケーキ抹茶ミルクのおしるこなどオリジナルスイーツも楽しめます。ドリンクメニューも豊富で、コーヒーは町内にある幾島珈琲研究所のブレンドです。

ランチタイム(11時から14時まで)には、週替わりで2種類の定食が提供されます。ボリュームたっぷりの家庭料理は、価格も手ごろで人気。ご飯とお茶はセルフサービスでお替り自由です。

翌週のランチメニューは、料理の写真と手書きのコメントが添えられ、Facebookページで紹介されます。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
Chanoma(ちゃのま)Facebookページ

店内は広く、テーブル席やカウンター席のほかに和室もあります。一人でもグループでもゆっくりと過ごすことができますよ。

★津別町のそのほかの情報はこちら!
津別「駅舎cafeくるみの森」☆手作りスイーツが人気
津別町・老舗食堂「つべつ 西洋軒」☆創業80年!

※この場所の地図はこちら!「Google Maps(グーグルマップ)」

流氷オホーツク怪獣キャンディ☆お土産にいかが?

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

オホーツクエリア18市町村を合わせたシルエットが、怪獣に似ていることを知っていますか?オホーツクの魅力をより多くの方に伝えるため、2014年、キャラクターデザイン公募により「オホーツク怪獣OKくん」が誕生しました。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、津別町ロマンス製菓株式会社が製造・販売する「流氷オホーツク怪獣キャンディ」をご紹介します。

流氷オホーツク怪獣キャンディの画像
「流氷オホーツク怪獣キャンディ」

キャンディの色はブルーで、北見の特産品ハッカを使った爽やかなミント味。中に白いチョコクリームが入っています。

パッケージには、OKHOTSK(オホーツク)のOKがかわいらしい目になっているカラフルなオホーツク怪獣と、流氷砕氷船が描かれていて、お土産にも最適ですよ。

商品は、道の駅「流氷街道網走」道の駅「はなやか小清水」、女満別空港(セブンイレブン・石田屋)などで販売されています。美味しいキャンディで、オホーツク怪獣を広めてみませんか。

★オホーツクのそのほかの情報はこちら!
オホーツクのご当地キャラが団結!オホ☆キャラ隊
カントリーサイン最終回☆小清水町・清里町・斜里町

小清水農村・四季風景フォトコンテスト☆7/31まで

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

平成30年に開町100年を迎える小清水町。オホーツク海に面し、山や湖もある自然豊かな町です。基幹産業は農業で、じゃがいもの産地として知られています。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、開町100年記念事業の1つとして開催される「小清水農村・四季風景フォトコンテスト」についてご紹介します。

小清水町「小清水農村・四季風景フォトコンテスト」パンフレットの画像
「小清水農村・四季風景フォトコンテスト」のパンフレット

テーマは『小清水町の壮大な「農村風景」、四季折々の「自然風景」とそれらとの人々の交わり、また人々の「生活」「祭事」「風物」など、小清水町の魅力が表現されたもの』。

藻琴山への登山口ハイランド小清水725や、遠くに斜里岳・知床連山を望めるじゃがいも街道、オホーツク海沿いの丘に建つフレトイ展望台などは、美しい景色が広がる名所です。

小清水原生花園リリーパークで花を題材にしたり、濤沸湖で野鳥を撮影したりするのもおすすめ。じゃがいもフェスティバル小清水屋台村などのイベントに出かけてシャッターチャンスを見つけるのもいいですね。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
小清水農村・四季風景フォトコンテスト:小清水町HP

町内外問わずどなたでも、また何点でも応募OK!締め切りは2018年7月31日(必着)ですので、たくさん撮影してコンテストに参加してみてはいかがでしょうか。

★小清水町のそのほかの情報はこちら!
小清水町「ほがじゃ」☆じゃがいも&ホタテの旨味を
小清水町「かけるいちご」☆贅沢な新感覚のソース

小清水町「こしみず手織り」☆草木染め&手紡ぎ

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、小清水町「こしみず手織り」をご紹介します。1986年3月に「機音のする町を夢見て」発足した「小清水手織りの会」が製作・販売しています。

「こしみず手織り」の画像

こしみず手織り

「染め・紡ぎ・織り」すべてが手作業のホームスパン。草木を煮出した染液で何度も染め重ねた羊毛を、糸車を回して手紡ぎし、昔ながらの機織り機で織りあげています。

染料に使っているのは、オホーツクの自然の草木(ヨモギ・クルミ・茜・藍・アワダチソウなど)。マフラーやストールのほか、バッグ、コースター、小物入れなどの作品があり、色合いや模様が1つ1つ違うのも魅力です。

☆問い合わせ先☆
小清水手織りの会 代表 平野さん(0152-62-2238)

製品は、道の駅「はなやか小清水」流氷硝子館などで購入できます。優しい風合いの手織り物は、お土産にもおすすめですよ。

★小清水町のそのほかの情報はこちら!
小清水町「フレトイ展望台」☆流氷の絶景スポット
小清水「ゆう水味噌」☆健康な土地で育った大豆から

「阿寒摩周国立公園Spotスタンプラリー」開催☆2/28まで

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

1934年に指定された歴史のある国立公園の1つ「阿寒国立公園」。2017年8月、公園区域が拡張され、名称も阿寒摩周国立公園になりました。オホーツクエリアでは、清里町神の子池裏摩周展望台が新たに加わっています。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、名称変更を記念して開催しているロングランイベント「阿寒摩周国立公園Spotスタンプラリー」についてご紹介します(2018年2月28日まで)。

「阿寒摩周国立公園Spotスタンプラリー」ポスターの画像
「阿寒摩周国立公園Spotスタンプラリー」のポスター

このイベントは、スマートフォンの専用アプリ(無料)を利用するデジタルスタンプラリー。電子スタンプだけでなく、魅力あるスポットの情報も手に入るのでとても便利です。スタンプを5つ集めるとプレゼントももらえますよ(先着300名)。

◆◇◆オホーツクエリアにあるスタンプスポット◆◇◆

清里町
道の駅「パパスランドさっつる」
神の子池
きよさと情報交流施設「きよーる」

津別町
道の駅「あいおい」
ランプの宿森つべつ
津別峠展望施設(11月から5月閉館)
▽多目的活動センターさんさん館

美幌町
物産館ぽっぽ屋
道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」

大空町
ひがしもこと乳酪館
▽道の駅「ノンキーランドひがしもこと」
道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」
▽メルヘン観光交流センター(道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」に隣接)

小清水町
ハイランド小清水725
道の駅「はなやか小清水」
▽小清水温泉ふれあいセンター
インフォメーションセンター「Hana」(11月から4月休館)

☆詳しくはこちらをご覧ください。
阿寒摩周国立公園Spotスタンプラリー開催!:阿寒摩周国立公園広域観光協議会HP

秋・冬の美しい景色や人気の観光スポット、ご当地グルメなどを満喫しながらスタンプを集めてみませんか。

★阿寒摩周国立公園内にある、そのほかの観光スポットはこちら!
大空町・藻琴山トレッキング☆360度の絶景を望む
美幌峠からの屈斜路湖☆道東・オホーツクきっての景勝地

このブログについて

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.