« 前へ | メインページ | 次へ »

オホーツク海の流氷明け毛ガニ☆解禁や旬はいつ?

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、オホーツク地域が誇る海の幸、毛ガニをご紹介します。オホーツク海の毛ガニ漁の解禁は毎年3月中・下旬ごろですよ!

毛ガニ
小さくても身入りが良い!流氷明け毛ガニ

毎年冬にシベリアからやってくる流氷。そしてその流氷が運んでくるプランクトンによって食物連鎖が充実し、海の生き物たちにとって豊富な餌場となるオホーツク海。そのため、この海域で育つ毛ガニは冬の間に栄養をたっぷり蓄えて成長しているのです。

オホーツク海沿岸地域では、流氷が沖に離れて漁ができるようになることを海明けといいます。毛ガニ漁は海明けにあわせて3月中・下旬ごろから解禁され、漁期は夏まで。

なかでも海明けから脱皮する前の5月ごろにかけては「流氷明け毛ガニ」と呼ばれ、地元スーパーにもたくさん出回り、さながら春の風物詩です。

2019年はゴールデンウィークが10連休となり、北海道旅行をお考えの方も多いことでしょう。道東・オホーツクエリアへお越しの際は、カニ味噌や身がたっぷり詰まったおいしい流氷明け毛ガニを、ぜひ召し上がってくださいね♪

★そのほかの海産物の情報はこちら!
漁師が恋した小さな牡蠣「COYSTER」☆湧別の逸品
北見市常呂町「しんや」のほたて製品はお土産にも!

Copyright (C) 2010 - 2019 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.