« 前へ | メインページ | 次へ »

置戸町「OKETO GREEN FESTIVAL 2nd」開催!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、2018年7月1日(日)置戸町ファミリースポーツセンター横特設会場で開催される、野外音楽フェスティバル「OKETO GREEN FESTIVAL 2nd」(開場9:30 開演11:00)をご紹介します。

2015年の夏に行われた道東最大級の野外音楽フェスティバル「OGF(オケト グリーン フェスティバル)」。人口3,000人弱の小さな町で大成功を収めてから3年が経ち、満を持してセカンドステージが開催されることになりました!

「OKETO GREEN FESTIVAL 2nd」
「OKETO GREEN FESTIVAL 2nd」ポスター

当日は、hip-hopアーティストのAK-69や、沖縄出身の5人組バンドHY、女性ボーカルデュオPUFFYKEMURIROTTEN GRAFFTY、そして、加山雄三率いるスーパーバンドTHE KingALLSTARSなど計6組の豪華なアーティストが会場を盛り上げてくれます♪

チケットはローソンやチケットぴあなどで販売中。車での来場には駐車券の事前購入が必要ですが、残りわずかなようですので、ご検討中の方はお気を付けください。JR北見駅から運行するシャトルバス(有料)もおすすめですよ。

そのほか、JTBオフィシャルツアーとして旭川発着の日帰りバスプランや、北見市内か温根湯温泉での宿泊と駐車券、シャトルバス券がセットになったプランなどが用意されています。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
「OKETO GREEN FESTIVAL 2nd」
「OKETO GREEN FESTIVAL 2nd」Facebookページ

無料イベントスペース「GREEN GARDEN」ではオフィシャルグッズや飲食物の販売、函館の太鼓楽団ひのき屋のライブや子どもたちが遊べるスペースもありますよ。ぜひ、夏の一日を思い切り楽しんでくださいね。

★置戸町のそのほかの情報はこちら!
置戸町生涯学習情報センター☆ブックモービルも!
置戸町「おけとパークゴルフ場」☆日本最大規模!

※置戸町「OKETO GREEN FESTIVAL 2nd」会場の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」

コメント

釣山 史:

遠軽家庭学校にいた警視総監

 留岡幸助によって大正3年に設立された遠軽の「少年救護院東京家庭学校・社名淵分校」は、大自然での労働を通じて非行少年の感化を図ろうとするもので、同年に社名淵と同5年には白滝へ計約1千町歩の売払地を得て、キリスト教に独自の報徳思想を取り入れた一戸5町歩の小作農場として、小作人には将来の自作農を、卒業生へは分家と称した永住による理想郷の建設を目指した。
 こうして大正9年迄の小作数は社名淵が50戸、白滝が25戸となり、また前年には水稲の試作にも成功した。昭和5年には社名淵産業組合が結成されて同14年に社名淵が同16年には白滝の全小作約80戸500人を開放したが、日曜学校や夏季保育園と冬季学校など、常に地域の中心にあった。
 ところで幸助の長男の幸男は内務官僚で、東条内閣では警視総監としてゾルゲ事件に対応し、戦後の昭和21年には北海道長官となったが、どさくさの中でたびたび道職員と衝突し、何も出来ずにたった3ヶ月で辞めてしまい、その後は家庭学校の校長のほか社会事業に尽力した。

釣山 史さん、コメントありがとうございます。
オホーツク発掘ブログ事務局のkoroです。

趣のある礼拝堂をはじめ、施設の建物が点在するという「北海道家庭学校」。
まだ行ったことがないのですが、一度足を運びたいと思っています。
施設の歴史を見守っている周辺の森林にも
過去の記憶が刻まれているのでしょうね。

コメントを投稿

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.