« 前へ | メインページ | 次へ »

佐呂間町☆放牧で育つ「青空豚」のおいしい農産品

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、佐呂間町にある荒田牧場の「青空豚」をご紹介します。

荒田さんは、平成17年に酪農業で新規就農し、「酪農家のおばちゃんが乳搾りのかたわら」「自分が食べたい自分で育てた美味しい豚さんを」と、敷地内で放牧豚も飼育しています。

子豚たちは、初夏から山の湧水発酵乳をたっぷりと飲み、牛舎の残りエサや雑草を食べて、草地でのびのびと育ちます。

青空豚製品の画像
青空豚の農産加工品

秋の肥育期には、良質なでんぷん質をとると肉の味が良くなることから、町の特産品かぼちゃパウダーの工場からかぼちゃの残さや、近所の農家からジャガイモなどをもらって与えるそう。

豚は11月に出荷され、精肉のほかロースハムや、ベーコンあらびきソーセージノースプレインファームゴーダチーズ入りソーセージなどの農産品に加工されます。

製品は、ネットショップ道の駅「サロマ湖」物産館みのりなどで購入できます。数量限定のため、すぐに売り切れてしまう商品も。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
「青空豚 Happy Life From 荒田牧場」Facebookページ
青空豚ネットショップ

町の食育教室やイベントなどへの参加もしている荒田牧場。元気に育った放牧豚を、ぜひ味わってみてくださいね。

★佐呂間町のそのほかの情報はこちら!
佐呂間町・サロマ湖で最北の海苔養殖☆谷川水産
佐呂間町☆「かぼちゃん本舗」新ジャンルスイーツも

※佐呂間町「荒田牧場」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」

コメント

 事務局様

 記事の修正いただきありがとうございました。地元からみるとちょっと違うのでは?と思う記述がありましたので、差し出がましいようですが、指摘させていただきました。ありがとうございました。

 さて、じゃがいも街道から見える眺めは畑だけではありません。記事にある野菜販売所のあたりから見える斜里岳はなかなかなものがあります。田園風景を前景にした斜里岳の景観は見応えがあります。

 またその近くには、ひたすら続く大根畑やにんじんは畑もあります。これだけの規模の大根やにんじんの畑は本州ではまず見ることのできない光景です。この地域がじゃがいも・小麦・ビートのいわゆる畑作三品から様々な野菜を生産する地域に変化していることもわかる場所です。
 

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。

natsumiさんコメントありがとうございました。

地元ならではの話題をとつとめておりますが、行き届かない部分があり申し訳ございません。このたびの情報提供ありがたく思います。今後ともご協力お願いいたします。

斜里岳の絶景ポイントは各地にあるようですね。斜里岳ファンの方々は、なかでもイチオシという場所を持っていらっしゃるのでしょうか?みなさんの「私のイチオシポイント」を、うかがってみるのも面白そうですね。

大根、にんじんといえば、もうすぐこのオホーツクでは漬け物、なかでも私の大好きな鮭の飯寿司を漬け込むシーズンになります。自分で漬けることはできず、母の作ったものを食べる専門ですが。。。こちらも楽しみです。

ななこ:

鮭の飯寿司ってどんなのですか?
つけるということは、鮒寿司みたいな、なれ鮨なんでしょうか。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。

ななこさんご質問ありがとうございます^^

飯寿司は、鮭(さけ)や鱒(ます)、ほっけやハタハタなどのお魚をスライスして酢でしめ、味付けをしたご飯とこうじ、それに大根、にんじん、キャベツ、ショウガなどを、順番に積み重ね、約1カ月ほど漬けて食べます。

東北、北海道で食べられている冬の家庭料理のようです。

各家庭によって、材料も味の付け方も違っていて、いろいろな場所でご馳走になっても、やっぱり母の味が恋しくなってしまいます。オホーツクではスーパーなどにも、冬になると並びます。機会がありましたら、一度、食べてみてくださいね。

マサ:

じゃがいも街道をはじめとして、この周辺には広域農道など、車の往来が少なく景観の美しい、とても気持ちの良い道路が多くあります。女満別空港や網走方面から知床に向かう観光客の方には、こうした内陸の道路を走ってみるのもお勧めです。
また、文中に紹介されている道の駅「はなやか(葉菜野花)小清水」の向かいには、農産物直売所があり、地元の安全でおいしい旬の農産物が格安で販売されています。また、おいしいイチゴを使ったジュースやパフェなどで、ほっと一息つくことができますよ。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局のYANAです。
マサさん、コメントありがとうございます。

ご紹介いただいた道の駅「はなやか(葉菜野花)小清水」の向かいの農産物直売所は人気があるようです。
実は私も足しげく通っていて、先週末も行ってきました!

この時期、トマトやピーマンなどの夏野菜は少なくなってきましたが、じゃがいもやたまねぎ、かぼちゃが旬を迎えています。
特にじゃがいもは、定番の男爵・メークイン以外にも、北あかり、インカのめざめ、アンデスレッド、あいのあか などなど、様々な種類がそろっています!
ひと袋100円程度ですので、食べ比べをしてみても面白いですね。

話題が遅れましたが飯寿司の時期ですね~笑

ちなみに
イズシ って当然のごとく変換されないんですね。

正月には飯寿司と焼酎です。絶対。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局のYOKOです。
オホーツクの女神さん、コメントありがとうございます。

そうですね。
お正月に飯寿司はかかせません。それも私的には、絶対鮭の飯寿司です!

急に寒さが厳しくなりました。玉ねぎやじゃがいもの収穫も終わったようです。野菜をまとめ買いして、冬にそなえるシーズンです。私も、冬の閉店をする前に農産物直売所を訪れてみたいと思います。

コメントを投稿

このブログについて

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.