« 前へ | メインページ | 次へ »

佐呂間町☆放牧で育つ「青空豚」のおいしい農産品

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、佐呂間町にある荒田牧場の「青空豚」をご紹介します。

荒田さんは、平成17年に酪農業で新規就農し、「酪農家のおばちゃんが乳搾りのかたわら」「自分が食べたい自分で育てた美味しい豚さんを」と、敷地内で放牧豚も飼育しています。

子豚たちは、初夏から山の湧水発酵乳をたっぷりと飲み、牛舎の残りエサや雑草を食べて、草地でのびのびと育ちます。

青空豚製品の画像
青空豚の農産加工品

秋の肥育期には、良質なでんぷん質をとると肉の味が良くなることから、町の特産品かぼちゃパウダーの工場からかぼちゃの残さや、近所の農家からジャガイモなどをもらって与えるそう。

豚は11月に出荷され、精肉のほかロースハムや、ベーコンあらびきソーセージノースプレインファームゴーダチーズ入りソーセージなどの農産品に加工されます。

製品は、ネットショップ道の駅「サロマ湖」物産館みのりなどで購入できます。数量限定のため、すぐに売り切れてしまう商品も。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
「青空豚 Happy Life From 荒田牧場」Facebookページ
青空豚ネットショップ

町の食育教室やイベントなどへの参加もしている荒田牧場。元気に育った放牧豚を、ぜひ味わってみてくださいね。

★佐呂間町のそのほかの情報はこちら!
佐呂間町・サロマ湖で最北の海苔養殖☆谷川水産
佐呂間町☆「かぼちゃん本舗」新ジャンルスイーツも

※佐呂間町「荒田牧場」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.