« 前へ | メインページ | 次へ »

佐呂間町「サロマ湖展望台」パノラマの風景を満喫

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、佐呂間町幌岩山山頂付近にある「サロマ湖展望台」をご紹介します。

日本で3番目に大きな湖、サロマ湖の全体を見渡せる場所はここだけ。オホーツク海と湖を隔てる砂州もはっきりと見ることができる人気スポットです。

サロマ湖展望台から見た風景の画像

サロマ湖展望台から見た風景

展望台は木で作られた2階建ての施設で、フェンスのデザインには特産品のホタテ貝の模様も。室内展望室もあり、望遠鏡(無料)が3つ設置されているので、いろいろな角度から絶景を満喫できます。

車で行く場合、国道238号線からのルートが2つあります。どちらも未舗装の林道(冬季は、降雪からGWごろまで閉鎖)を通って、展望台下の駐車場へ。そこから200段ほどの階段を上ります。

また、道の駅「サロマ湖」の横から、登山道(展望台まで約2km)が続いていて、スノーシューを履けば冬季も利用できますよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
サロマ湖展望台:佐呂間町HP
冬のサロマ湖~「道の駅からサロマ湖展望台へ」~:佐呂間町HP

季節や時間によって、さまざまな風景や色を楽しめるサロマ湖展望台。素晴らしいパノラマを、ぜひ体感してみてくださいね。

★佐呂間町のそのほかの情報はこちら!
佐呂間町「サロマ湖畔遊歩道」☆自然あふれる森で
佐呂間町「かぼちゃん本舗」☆新ジャンルスイーツも

※佐呂間町「サロマ湖展望台」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」

コメント

 ここの景観もなかなかですね!畑とうまくとけ込む景観だと思います。このあたりバイクで走りながらついつい、ブレーキをかけて停まってしまいます。

 春先のこの周辺を撮影して歩いた記憶があります。

実は、昨日まで美瑛町に行っていました。オホーツクも美瑛もともに畑作地帯であり、よく似た景観が多くあります。
ただ、美瑛町は、「セブンスターの木」「ケンとメリーの木」「マイルドセブンの丘」など、景観に上手に名前を付けて(CF撮影地だということですが)、景観をよく活かしているなぁと思いました。そうした表示がなければ見過ごしてしまうような景観でも、名前やストーリーがあると、ちょっと違うモノに見えて、ありがたく?感じるから不思議です。オホーツクの景観にも素敵な名前を付けて、どんどん売り出していきたいものですね。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局のsatoです。
natsumiさん、ウーリーさん、コメントありがとうございます。

>natsumiさん
春先には、今回ご紹介した緑の景色とはまた違った景観が広がっていそうですね。
バイクでもツーリングを楽しんでいらっしゃるnatsimiさん、秋のオホーツクの景観も、投稿大歓迎です。

>ウーリーさん
私もちょうど8月に、東京から来た親戚を案内して、美瑛に行ってきました。たしかに、観光客の皆さんは、案内板を見て、各スポットを巡っていました。
ウーリーさんの言うように、オホーツク景観発掘ブログをきっかけに、オホーツクのおすすめ景観に名前をつけちゃいましょう。

コメントを投稿

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.