« 前へ | メインページ | 次へ »

滝上「陽殖園」☆手造りの美しい自然風観光花園

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、滝上町にある自然風観光花園「陽殖園」をご紹介します。毎年4月下旬から9月の最終日曜日まで開園しており、どの季節に行ってもさまざまな花が美しく咲いています。

「太陽が育て殖やしてくれる庭」という意味の花園は、園主の高橋武市さんが、約60年の歳月をかけ、たったひとりで手造りしたもの。広大な敷地に絵を描くように木や花を植え、小山や池、道を作り、自然を再現しています。

<滝上・陽殖園
陽殖園

季節を彩る花々は約800種類。春の初めはエリカの花が小山をピンクに染め、続いて黄や白の水仙や、カラフルなルピナスなどが咲きます。

夏は薄紫のエゾクガイソウや深紅のベルガモット、ピンクのフロックスなどが、秋には純白のシロハギや紫のエゾミソハギなどが咲き誇ります。品種改良されためずらしい花を見ることもできますよ。

開園時間は10時から17時まで(最終入場14時30分)で、期間中は無休。園内マップを手に自由に散策できますが、日曜日は高橋さんがガイド(8時30分から10時まで・予約不要・有料)をしてくれます。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
陽殖園:滝上町観光協会HP

5kmに及ぶ園内の通路は、歩きやすいようになめらかに仕上げられ、迷わないように番号札がつけられています。散策した道を振り返り、風景を楽しむのもおすすめだそう。「夢の庭」とも言われる花園を、ぜひ訪れてみてくださいね。

★滝上町のそのほかの情報はこちら!
滝上町「虹の橋」☆童話の世界をイメージした展望台
滝上町・フレグランスハウス☆ハーブを楽しむ喫茶店

「Google Maps(グーグルマップ)」

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.