市町村メニュー

« 前へ | メインページ | 次へ »

雄武「2017年フォトコンテスト」作品募集9/30まで

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、雄武町観光協会主催の「2017年フォトコンテスト」についてご紹介します。

昨年「雄武の初日の出」というテーマで初開催されたコンテスト。今年のテーマは『 あなたが感じた「雄武町の魅力」』です。風景やイベント、何気ない人々の営みなど、町内で撮影された写真が対象で、応募締め切りは2017年9月30日です。

第1回 デジタルフォトコンテスト グランプリ作品

第1回 デジタルフォトコンテスト「グランプリ作品」

のどかで美しい風景が見られる雄武町。目の前にオホーツク海が広がる日の出岬展望台「ラ・ルーナ」や、街並みを見渡せる道の駅おうむ「スカイキャビン」からの眺望も評判です。

また、雄武漁協・毛がに祭り雄武の宝うまいもんまつりおうむ産業観光まつりなど、季節ごとに楽しいイベントを開催。オホーツクサイクリングのスタート地点でもあります。

応募はプロやアマ、年齢などを問わず町外の方でもOKです。作品は1人3点までで、応募者本人が撮影した未発表の単写真(2017年1月1日から9月30日までに撮影されたもの)に限ります。入賞すると賞金や特産品などがもらえますよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
2017年フォトコンテスト実施します!:雄武町観光協会HP

作品は、町のポスターやウェブサイトなどの広報活動に使われることも。雄武町の魅力ある一コマを撮影して、応募してみませんか?

★雄武町のそのほかの情報はこちら!
雄武「ブルーグラスファーム」☆牧場のチーズ工房
雄武町で栽培「ダッタンそば」☆お茶やコロッケも!

トラックバック

» 知床でツリーイング体験と幻の沼 ( 送信元: 空飛ぶ由利ママの社長日記 -ワイズスタッフ代表取締役田澤由利のブログ- )
週末、知床森林センターのイベントに参加した。 「知床の大木に登って野鳥の気分を体...[詳しくはこちら]

コメント

これ面白いですねぇ。ポンホロ沼自体が隠れた景観なのに、その中にさらにこんな面白い流木があるなんて。さすがnatsumiさんですね。今度是非行ってみます。
私は、この写真を見て、木がポンホロ沼という舞台で踊っているように感じました。そんなんで付けたネーミング「ポンホロ沼の踊り木(おどりぎ)」なんてどうでしょう。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

こんにちは、オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。
ウーリーさん、コメントとネーミングをありがとうございます。

「ポンホロ沼の踊り木(おどりぎ)」、確かにこの木は、不思議と躍動感のある形をしていますね。
秋になるとこの沼は草原になるそうですが、その時この流木の風景は、またどのように変わるのか?見てみたい気がします。

今日、ポンホロ沼に行ってきました。
もちろん、水はありません。

でも、シダが紅葉して、とても幻想的な風景でした。
春や夏にも訪れたいです。
http://yuri.com/diary/diary.cgi?M=&SEL_YY=&SEL_MM=#14

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

こんにちは、オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。
由利ママさん、レポートをありがとうございます!

日記拝見しました。ひらけたところで一面のシダの紅葉とは、珍しい風景ですね。水があってもなくても、思わぬ表情を見せてくれる、まさに秘境の沼です。

ちなみに、「ポンポロ沼」と呼ばれることが多いですが、正しくは「ポンホロ沼」だそうです。雪の中では、どんな景色になるのでしょう?たいへんそうですが、行ってみたい気がします。

コメントを投稿

最近のコメント

このブログについて

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.