市町村メニュー

« 前へ | メインページ | 次へ »

斜里「しれとこ森づくりの道」☆冬限定の散策コース

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

2017年もオホーツクに関するさまざまな情報や魅力を発信してまいります!どうぞよろしく願いいたします。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、斜里町にある「しれとこ森づくりの道」の冬限定散策コース(スノーシュー・歩くスキー)をご紹介します。

コースは「開拓地コース」「森林コース」の2つで、どちらも知床自然センターからスタート。2017年1月28日(土)にオープンします(3月中旬まで)。

斜里町「しれとこ森づくりの道」スノーシュー・歩くスキーコースの画像
「しれとこ森づくりの道」冬の散策コース
画像提供:知床財団

開拓時代の足跡をたどる「開拓地コース」は、約3.5kmで3時間ほどの道のり。旧道を利用したコースには、かつての馬小屋を改修した開拓小屋などがあり、知床の歴史を感じられます。見晴らしが良く、間近に知床連山を眺めることもできますよ。

アップダウンが多く変化に富んだ「森林コース」は、およそ2.5kmを2時間ほどで回る行程。広葉樹の苗畑や、鹿の被害を防ぐ樹皮保護ネットが巻かれた木々がある場所など、森づくりの現場を歩きます。時には、シカや野鳥などを見られることもあるそう。

散策するときは、しっかりとした防寒対策が必要です。また知床自然センターで、コースの状況を確認してから出発するようにしてください。スノーシューや長靴のレンタル(有料)も行っています。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
冬(スノーシュー・歩くスキーコース):知床自然センター公式サイト

知床自然センター内のフードコートでは、地元の食材を使ったメニューを味わえます。知床鶏のスープカレーなど体が温まるカレーが充実。鹿肉バーガーやドリンクなどもあり、散策後の休憩におすすめです♪

★斜里町のそのほかの情報はこちら!
斜里町知床「プユニ岬」☆海に沈む夕陽と一面の流氷
厳冬期の知床五湖エコツアー☆静寂な森の中を散策

※斜里町「知床自然センター」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」

トラックバック

» 道東・清里町「さくらの滝」☆ダイナミックなサクラマスの滝登り ( 送信元: オホーツク観光情報ブログ )
今回は、道東・オホーツクのドライブにおすすめの観光スポット、清里町の「さくらの滝」のご紹介。6月上旬から8月上旬にかけてサクラマスのダイナミックな滝登りが...[詳しくはこちら]

コメント

 去年は今頃は飛んでいませんでしたが、一昨日(30日)訪ねた時は元気よくはねていました。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。
natsumiさんコメントありがとうございます。

その年によって、飛んでいる期間が違っているのですね。今年は8月の末になっても、例年になく暑い日が多かったからでしょうか?急げば、今ならまだギリギリ間に合って、サクラマスが見ることができるかもしれません。

貴重な情報ありがとうございました!

ウーリー:

斜里川上流はオショロコマの宝庫で、オレンジ色の朱点が美しいオショロコマがたくさん釣れます。オショロコマは、水のきれいな冷たい川に生息しており、道内でもこの辺りの他には、あまり姿を見ることができない貴重な魚です。
オショロコマの他にも幅広のヤマメなども釣れますが、間違ってサクラマスを釣ってしまった時には、すぐに放してやってください。ちなみに、サクラマスはヤマメが海に降って大きくなって川にもどってきたものです。
サクラの滝は観光スポットで多くの人が訪れますので、滝の周辺での釣りは自粛しましょう。また、多くの魚を持ち帰ると川の魚はすぐに絶えてしまいます。必要以上の持ち帰りを控えて、できればキャッチ&リリースを心掛けましょう。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。

釣りのお好きな方々が知りたい情報だと思います。ウーリーさんコメントありがとうございました。

コメントから斜里川が本当に自然豊かなところだということがわかります。釣りの知識がまったくない私は、ヤマメとサクラマスが同じ魚と聞いて、ちょっとビックリ!

釣りは環境を考えて、マナーを守りながら、楽しむのがいいようですね。

ウーリー:

ヤマメは川で生まれ、1年間を川で過ごし、海に降り1年を過ごした後、桜の季節に川に戻ってきて産卵します。本州のほとんどの河川では、ダム等で河川が分断されているので、ヤマメは陸に封じ込められてサクラマスになることができません。
ちなみに、エゾイワナは海と川を行ったり来たりしており、海に降ったイワナをアメマスといいます。支笏湖、阿寒湖、屈斜路湖などに生息するヒメマスは海に降ると紅鮭になります。だからヒメマスもおいしいんですね。オショロコマもアラスカ辺りでは海に降り、ドリーバーデンという魚になります。この他、道内にはいませんが、アマゴは海に降りサツキマスになります。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。
ウーリーさんコメントありがとうございます。

生まれた後、海を回遊し川に戻る魚として、鮭がよくとりあげられますが、ヤマメやイワナなどもそうなのですね。そして、名前が変わって帰ってくるとは!名前だけは聞いたことがありますが、全部別のお魚だと思っていました。

道東・オホーツクの秋は、釣り好きの方たちの楽しみな季節なのですよね?昨年は知人から鮭のおすそ分けをいただきました。今年もいただけるといいなと、楽しみにしているところです。

コメントを投稿

最近のコメント

このブログについて

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.