« 前へ | メインページ | 次へ »

「知床ころぽっくる」目線を変えて楽しむ自然観察

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

「フキの葉の下の人」という意味がある、アイヌ民話などに登場する小人コロポックル。今回の「北海道オホーツクの観光情報 」では、斜里町で自然観察ツアーを行っている「知床ころぽっくる」をご紹介します。

社名には、フキの下から見るように「知床の自然を目線と見方を変えながら楽しんでほしい。また、小さな命にも想いを巡らせてほしい。」という、ガイドでオーナーの伊東さんの願いが込めらています。

「知床ころぽっくる」ツアー
森と海に断崖のツアー

春夏秋のツアーは、知床五湖や森、そしてフレペの滝や海などが見える断崖までへのトレッキング。起伏の少ないコースもあるので、初心者や子どもも安心して参加できます。また、貸切ツアーもあり、ドライブ中心にするなど参加者の体力に合わせたオーダーメイドもOK。

冬・流氷期のツアーは、スノーシューを履いての散策。白い大雪原や原生林を歩き、氷瀑や流氷など、この季節ならではの風景を満喫できます。防寒具などは、予約時にレンタルすることも可能ですよ。

HPやFacebookページには、ツアーの紹介のほか、風景や野生動物たちの姿など、移り行く美しい知床の様子が次々とアップされています。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
知床ころぽっくるHP
知床ころぽっくるFacebookページ

ゆっくり歩きながら、落ち葉のカタチなど小さな発見からも、自然を楽しませてくれるのが「知床ころぽっくる」ツアーの魅力。ぜひ、体感してみてくださいね。

★斜里町のそのほかの情報はこちら!
斜里「岩尾別温泉ホテル地の涯」☆知床観光の拠点に
斜里「GVO(ジーヴォ)」海を見ながらウニ料理を

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.