« 前へ | メインページ | 次へ »

JR遠軽駅開業100周年記念イベント☆10/31-11/1

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

かつては石北本線と名寄本線が乗り入れ、最盛期には700人ほどの職員が勤務していたという遠軽駅。今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、遠軽町2015年10月31日(土)・11月1日(日)に開催される「JR遠軽駅開業100周年記念イベント」をご紹介します。

イベントは「ありがとう100周年!これからも想いを乗せて」をキャッチコピーに、3つの会場(JR遠軽駅・岩見通コミュニティ駐車場・旧麦酒館ふぁーらいと)で各日とも午前10時から午後3時まで行われます。

「JR遠軽駅」の画像
「JR遠軽駅」

JR遠軽駅では、特急オホーツク(11:46発、15:17発)の出発式があり、「遠軽がんぼう太鼓 飛翔」の演奏が華を添えます。そのほか、遠軽町10駅セットの記念入場券の販売(10/31のみ)や記念ノベルティの配布(各日100個限定)、珍しい排雪用除雪車両の展示も!

さらに、今年3月で営業を終えた岡村べんとう屋の「駅弁かにめし」が2日間限定で復活します。手打ち駅そばの限定販売もあるので、駅の名物を味わってみるのもいいですね♪

岩見通コミュニティ駐車場には、地元グルメをはじめ、湧別町・佐呂間町などの特産品が並ぶ屋台が出店し、ミニ列車など子どもが楽しめる遊具コーナーもあります。紅白もちまきは、当たり券が入っていると特産品がもらえるそう。

また、旧麦酒館ふぁーらいとが開放され、鉄道模型・列車模型展映画上映会おもいで写真展が催されます。白滝ジオパークによる黒曜石アクセサリー作り教室では、黒曜石に特急オホーツクのヘッドマークを刻むことができますよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
JR遠軽駅開業100周年記念イベント:遠軽町HP

街を見渡せる高台に1932年に建てられ、増改築しながら今も大切に使われている駅舎。跨線橋には、木製の階段や通路、線路を再利用した天井の梁が残され、昔の趣を感じられる温かい雰囲気が漂います。歴史のある駅に、足を運んでみませんか。

★遠軽町のそのほかの情報はこちら!
遠軽町郷土館☆歴史的資料や蒸気機関車D51も!
5月の桜☆JR旧・奥白滝駅からの雪山と桜の景観

※遠軽町「JR遠軽駅開業100周年記念イベント」会場の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.