« 前へ | メインページ | 次へ »

湧別「本間沢窯」☆日常生活に馴染む温もりある器

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、湧別町芭露にある窯元「本間沢窯」についてご紹介します。

憧れの北海道で暮らすために陶器づくりを始めたという、東京出身の窯主・鈴木義隆さん。山口県萩市で修業し、友人と共同で斜里窯を開窯した後、1995年に湧別町に移り住んで工房を開きました。

自宅横を流れる川から名づけられた本間沢窯は、芭露市街から5kmほど行ったところにあります。離農した農家を改修した赤い屋根の建物と木の看板が目印ですよ。

湧別町「本間沢窯の湯のみ」の画像
「本間沢窯の湯のみ」

地元の素材も使って土づくりからこだわった作品は、お皿やコーヒーカップといった食器や茶器、花器などが中心。窯主自らが造った連房式の登り窯で焼き上げられています。

日常生活に馴染みやすい素朴でシンプルな器は、温もりとやさしさがあり、長く使うほど味わいのあるものになっていくそう。

☆詳しくはこちらをご覧ください!
体験、陶器・煉瓦|観光情報|湧別町HP

作品は、窯元のほか、道の駅「アイランド湧別」ファミリー愛ランドYOUに隣接)や、道の駅「かみゆうべつ温泉チューリップの湯」でも購入できます。ひとつひとつ趣が異なる器を手に取って、お気に入りを見つけてみませんか?

★そのほか湧別町の情報はこちら!
ゆうべつアウトドアクラブ(YU-PAL)☆自然を楽しむ
さんご草見どころレポート☆能取湖、サロマ湖、湧別

※湧別町「本間沢窯」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.