« 前へ | メインページ | 次へ »

北見「河西ぼたん園」☆貴重な自然が残る憩いの森

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、北見市「河西ぼたん園」をご紹介します。

6月に約500株の牡丹が咲き誇る園内は、春いちばんにフクジュソウ、5月にはエゾヤマザクラカタクリなど様々な花が咲きます。エゾリスアオサギも姿を現し、四季を通じて多くの動植物を見ることができますよ。

河西ぼたん園の園内
河西ぼたん園に咲く花々

河西ぼたん園は、河西貴一氏が原始林を開拓し、昭和3年に園芸家の田巻二作氏の協力を得て、困難といわれた寒冷地での牡丹の定植を成功させた私設の花園です。一般公開を休止していた時期もありましたが、その間も庭園の手入れは続けられ美しく守られてきました。

北見市指定保存樹林サワラの林や保存樹木のセンダンバノボダイジュなど、開園当時からの貴重な自然も残されており、現在はボランティアの協力で整備され、毎年5月から10月末頃まで市民の憩いの森として公開されています。

園内には広い芝生や、「サロンdeぼたん園」(有料)があり、ゆっくりと飲食や休憩することもできます。また、敷地内の築60年の瓦屋根の建物を利用した、カフェ「遊木民族」では、美味しい食事と珈琲でくつろぐことも。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
河西ぼたん園HP

牡丹が見ごろを迎える6月7日(日)には河西ぼたん園を支援する会主催の「平成のぼたんまつり」が開催されます。食べ物の屋台が並び、野点やカラオケなども行われるそう。四季折々に楽しめる庭園へぜひ出かけてみてくださいね。

★北見市のそのほかの情報はこちら!
北見・仁頃山&仁頃山愛好会☆気軽に登山を楽しもう
北見「ところ遺跡の森」☆オホーツク独特の文化を

※「河西ぼたん園」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.