« 前へ | メインページ | 次へ »

滝上町「虹の橋」☆童話の世界をイメージした展望台

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

「童話村」をまちづくりのテーマとしている滝上町では、町のあちこちにお洒落な外観をした建物や施設を見ることができます。今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、そのひとつ、渚滑川に架かる「虹の橋」をご紹介します。

1985年に廃線となった国鉄渚滑線。その鉄橋を残したいという町民の望みをかなえるかたちで、ふるさと創生事業により1990年に出来上がったのが「虹の橋」です。

滝上町「虹の橋」の画像
虹の橋

全国的にもあまりない2階建ての橋で、赤レンガ色をしたお城のような三角屋根の門が入り口。1階の床下から1時間おき(9 時から17時まで)に10分間放水され、川面に落ちる水しぶきに太陽の光が反射してが発生するそう。

川の両側には遊歩道が続いており、橋は対岸へ渡る散歩コースにもなっています。ベンチとテーブルが置かれているので、のんびりと渓流の音に耳を傾けてみるのもいいですね♪ 演奏会やビアガーデンなどのイベントが開催されることもありますよ。

2階は、街を一望できる絶好の展望スポット。秋には紅葉が素晴らしい渓谷「錦仙峡」が、春には芝ざくら滝上公園、夏は花火大会と、季節ごとにうつろう景色を眺められるオススメの場所です。

☆詳しくはこちらをご覧ください。
虹の橋:滝上町HP

虹の橋は、階段のほかに滑り台も設置されている珍しい橋としても評判です。また、放水は冬期間は実施されません。状況により停止期間が変わるようですので、問い合わせの上、お出かけくださいね。

★滝上町のそのほかの情報はこちら!
滝上町の秘境「浮島湿原」☆最高のハイキングコース
「ハッカ」の香り漂う滝上町☆生産量は日本一!

※滝上町「虹の橋」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 滝上町「虹の橋」 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.