« 前へ | メインページ | 次へ »

紋別市・秋のコムケ湖☆渡り鳥たちと美しい夕暮れ

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、紋別市の市街地から湧別町方向へ20kmほど行ったところにあるコムケ湖をご紹介します。

コムケ湖の名前は、アイヌ語のコムケ・トー(曲がった沼)に由来しているそう。大小3つの部分からなっていて、それぞれが水路で繋がっている、おもしろい形をしています。

年間を通して約200種類もの野鳥が飛来することから、野鳥の楽園として知られており、バードウォッチングに最適。特に秋は、南を目指す渡り鳥たちが羽を休めるため、湖はにぎわいを見せます。

紋別市「コムケ湖」白鳥とサンゴ草
白鳥とサンゴ草

こちらの写真は、サンゴ草の群生近くに佇んでいるハクチョウたち。コムケ湖のサンゴ草は10月中旬までが見ごろで、ハクチョウが飛来する時期と少しだけ重なります。赤と白の美しいコラボレーションが見られるのは、今だけ!

紋別市「夕暮れ時のコムケ湖」
夕暮れ時のコムケ湖

また、湖とオホーツク海の間には、細長い砂州があり、砂州側から眺める夕暮れの風景もおススメ。オレンジ色の空を映した湖面に、静かに漂う野鳥のシルエットは、まるで影絵のようで引き込まれますよ。

☆詳しくはこちらをご覧ください
コムケ湖:紋別市の観光情報

このほか湖畔には、真っ赤な実をつけたハマナスが広がり、風に揺れるススキの穂が趣をそえています。秋の風情たっぷりのコムケ湖に足を運んでみませんか。

★紋別市のそのほかの情報はこちら!
紋別市☆華やかなご当地カクテル「はまなすモヒート」
紋別市☆北海道立オホーツク流氷科学センターGIZA

※紋別市「コムケ湖」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で コムケ湖 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.