« 前へ | メインページ | 次へ »

佐呂間町「サロマ湖畔遊歩道」☆自然あふれる森で

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、佐呂間町のサロマ湖南岸にあるサロマ湖畔遊歩道をご紹介します。

国道238号線沿いの富武士地区から浪速地区にかけて造られている、およそ5kmの遊歩道。オオバボダイジュやミズナラ、カツラなど多くの種類の樹木が自然のまま残された森は、とても魅力的です。

佐呂間町「サロマ湖畔遊歩道」の画像
サロマ湖畔遊歩道
画像提供:佐呂間町

季節によりスミレやニリンソウ、エンレイソウなどの野草が目を楽しませてくれ、キタキツネなどの小動物に出会えることもあるそう。バードウォッチングをしたり、珍しい虫を見つけたりと自然観察もおすすめ!

道すがら湖岸にも下りられます。サロマンブルーと呼ばれる独特の青色の湖面はとても美しく、素晴らしい景色が広がりますよ。

ほぼ平坦な道ですが、傾斜のあるところには橋や階段が整備され、東屋(3ヶ所)やトイレ(2ヶ所)もあり、お子さんから高齢者まで安心して歩ける行程です。

また、遊歩道の途中から幌岩山山頂にあるサロマ湖展望台へも行くことができます。湖全体を一望する展望台は、海と湖を隔てる砂洲や知床連山を見渡せる人気スポット♪

サロマ湖畔遊歩道:佐呂間町HP

ゆったりと森の香りを感じながら木漏れ日の中を歩いてみませんか。森林浴効果もあるそうです。

※佐呂間町のそのほかの情報はこちら!
佐呂間町・サロマ湖で最北の海苔養殖☆谷川水産
サロマ湖一周遊覧観光船☆サロマンブルーを体感!

※佐呂間町「サロマ湖畔遊歩道」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」



より大きな地図で サロマ湖畔遊歩道 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.