« 前へ | メインページ | 次へ »

北見「石倉交流センター」☆米貯蔵庫が集いの場に

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、北見市端野町のJR端野駅前にある「石倉交流センター」をご紹介します。

昭和7年に農協の米貯蔵庫として建てられた石倉が役目を終え、改装されて平成18年に交流センターとしてオープン。今年で築82年になりますが、頑丈で無骨な外観とその存在感は抜群です!

北見市・石倉交流センター
石倉交流センター

交流センターには、展示スペースとフローリングの交流ホール(床面積200平方メートル)があります。ホールには、可動式の舞台音響設備照明も整っており、天井が高いため、音が良く反響すると評判。いろいろなイベントに利用可能で、椅子席では、150人収容できます。

交流ホール
交流ホール

小さなホールなので、出演者を間近に見られ、息遣いまで伝わってきますよ。低料金で気軽に利用できることも魅力です。これまでに音楽コンサート講習会映画上映などのほか、プロレスが開催されたことも。

詳しくはこちらをご覧ください。
石倉公園のご案内:北見市HP

また、このエリアは石倉公園として、農村景観や伝承文化の保存を目的に整備されています。公園内は、交流センターを中心に広場あずまやが設けられ、地域の人たちの交流の場に。赤い屋根に風見鶏が立っているJR端野駅を目印に、立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

※北見市のそのほかの情報はこちら!
北見市☆天然記念物「緋牛内の大カシワ」は全国一
北見の「ノーザンアークリゾート」☆スキー場も温泉も

※北見市「石倉交流センター」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 石倉交流センター を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.