« 前へ | メインページ | 次へ »

訓子府町☆駅舎を利用した「ぷらっとカフェ駅茶屋」

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、訓子府町の「ぷらっとカフェ駅茶屋」 をご紹介します。2006年に廃線となったふるさと銀河線。残された訓子府駅の駅舎は3年後にカフェとしてオープンし、地元民の憩いの場となっています。

ぷらっとカフェ駅茶屋
ぷらっとカフェ駅茶屋

カフェのメニューには、町の特産品が豊富に取り入れられていますよ。オホーツク産の豚肉と地場産の玉ねぎを使用したご当地グルメ、醤油ベースのたれカツ丼はボリュームたっぷりでカツの大きさにビックリ!

コーンスープスパゲッティコーンスープラーメンには、町内などで栽培されたとうもろこしが使われていて、スープがおいしいと評判です。また、菅野養蜂場のはちみつを使ったチーズとはちみつのトーストもおすすめ。こちらのはちみつはお土産として店内で販売されています。

詳しくはこちらをご覧ください。
ぷらっとカフェ駅茶屋:Facebook

ぷらっとカフェ駅茶屋
ぷらっとカフェ駅茶屋・入口

また、プラットホームでビールパーティや焼肉会などのイベントを開催することもできますよ。内容については、いろいろと相談に応じてくれるそう。汽車が行きかうことは無くなりましたが、今も人々が集うカフェに足を運んでみてはいかがでしょうか。

※訓子府町のそのほかの情報はこちら!
訓子府町・きらきら本舗☆紫蘇ジュース「紫式部」
日本一の生産量を誇るJAきたみらいの「白花豆」

※訓子府町「ぷらっとカフェ駅茶屋」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で ぷらっとカフェ駅茶屋 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.