« 前へ | メインページ | 次へ »

網走市「フルーツまたたび」☆スイーツやビールにも

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、網走市にある日本最北限のまたたび畑で作られるフルーツまたたびをご紹介します。

土地の有効活用と特産品開発のため、網走市でまたたびの栽培が始まったのは1985年頃。10月中旬から11月上旬頃に、果実が完熟して黄色くなってから収穫するので「フルーツまたたび」と呼ばれています。

網走市で栽培される「フルーツまたたび」の画像
完熟した「フルーツまたたび」


爽やかな酸味と独特の風味が特長のフルーツまたたび。果実に含まれるビタミンCは、キウイやイチゴの5倍と言われ、生活習慣病の予防や老化を抑える効果も期待できるそうです。

また、皮が薄く潰れやすいため、国内でも珍しい完熟果実を原料とした製品開発が進められました。その結果、業務用のドライフルーツピューレが誕生。市内を中心に、フルーツまたたびを活用したさまざまな商品が作られています。

つぶつぶの食感がたまらないジェラートやケーキなどのスイーツのほか、フルーティさがプラスされた網走ビールの発泡酒ジャガドラフトも♪ すし処「鮨勝」では鱒押し寿司に果汁が使われているそうですよ。

☆詳細はこちらをご覧ください
網走産完熟またたび果実「フルーツまたたび」:網走市HP

オリジナリティあふれる商品の中から、お気に入りの味を探してみませんか。これからどんなまたたびグルメが登場するのか、こちらも楽しみですね!

※網走市のそのほかの情報はこちら!
網走「ガツンと辛い山わさび粕漬け」☆伝統のレシピ
網走・オホーツク自然堂☆体験プランで厳冬を満喫

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.