« 前へ | メインページ | 次へ »

遠軽町「白滝じゃが」☆ホクホクで甘みたっぷり♪

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

2005年の合併により遠軽町となった白滝村。今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、町おこしの一環として、その名を残した「白滝じゃが」をご紹介します。

質の良いジャガイモの産地である白滝地区は、標高400m前後の高地。昼と夜の寒暖差が大きく、ジャガイモは土の中でゆっくりと熟成します。そのため、でんぷん質の高い、ホクホクで甘みのある美味しいジャガイモが育つそう。

白滝じゃが
白滝じゃが

地元では、生産者の女性たちが「白滝じゃが生産部会加工班」を作り、白滝じゃがを広める活動をしています。2006年からは毎年、料理コンテスト「じゃがリンピック」を開催。回を重ねるごとに近隣町村やネットでの公募も増え、今年は地元小学生チームが金賞に選ばれました。入賞したオリジナルレシピは白滝じゃがと一緒に出荷されます。

詳しくはこちらをご覧ください。
特産品:遠軽町HP

また、これまでの入賞レシピが「じゃがリンピックのジャガイモ料理」として一冊の本に!木芸館木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールドホテルノースキング埋蔵文化財センターなどで購入できます。レシピ本を参考に、いろいろなジャガイモ料理に挑戦してみてはいかがでしょう。


☆遠軽町のそのほかの情報はこちら!
遠軽町「マイスター」☆はちみつ&枝豆の天然コスメ
遠軽町丸瀬布「大平高原」☆天然のプラネタリウム

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.