« 前へ | メインページ | 次へ »

置戸町「鹿の子沢」☆ハイキングコースは原始の森!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、原始の森が残る置戸町「鹿の子沢」をご紹介します。

置戸市街から鹿の子ダム方面へ13kmほど行ったところにある鹿の子沢。片道約2kmのハイキングコースは、歩道が整備されていて往復1時間30分ほどの行程です。

森の中には奇岩や滝など絶景ポイントがいっぱい!展望台まで行くと周辺の山並みや眼下に広がる田園風景を一望でき、秋には色鮮やかな紅葉を楽しめます。

置戸町「鹿の子沢」展望台から見る風景の画像
「鹿の子沢」展望台からみる景観

鹿の子沢の入り口から歩き始めるとすぐ目に入るのが虹の滝。水しぶきに時折浮かぶ七色の虹は感動的ですよ。

また、次世代に残すべき巨樹として林野庁の「森の巨人たち百選」に選ばれた三本桂は、樹齢200年を超える巨木。空に向かい寄り添うようにそびえ立つ3本のカツラは高さ約28m、太さ3mほどあり、地域のシンボルになっているそう。

虹の滝
虹の滝

さらに、大きな岩が重なってできた忍び岩は洞窟になっています。岩壁に仏様の絵が描かれ、20畳近い内部には数か所の抜け道が。そのほか、屏風岩という、訪れた人が小石を積み上げて願いごとをする癒しのスポットや、険しく立ちはだかる60mの雲突岩も見どころです。

詳しくはこちらをご覧ください。
鹿の子沢:置戸町HP

鹿の子沢は、スノーシューなどで行く冬の森林散策もオススメ♪勇壮な滝は見事な氷瀑となり、自然がもたらす素晴らしい景観を見せてくれます。四季折々訪れた人を魅了する鹿の子沢に足を運んでみませんか。

※置戸町のそのほかの情報はこちら!
置戸町「一福」のカツ丼☆特製の醤油たれが絶妙!
置戸ぽっぽ絵画館☆芸術作品が集まる寄贈美術館

※置戸町「鹿の子沢」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 置戸町「鹿の子沢」 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.