« 前へ | メインページ | 次へ »

北見「仁頃はっか公園」☆「ハッカ御殿」や名水も

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、北見市街地から車で15分ほどのところにある仁頃はっか公園をご紹介します。

昭和14年の全盛期には、世界の生産量の70%を占有していた、北見のはっか。園内には、当時のはっか商・五十嵐弥一氏の私邸が、「ハッカ御殿」として展示されています。

実際に使われていた農機具や生活用品からも繁栄していたころの様子がうかがえて、一見の価値がありますよ。観覧は無料です(5月1日から10月31日まで)。


仁頃はっか公園・ハッカ御殿の画像
ハッカ御殿


ハッカ御殿の隣には、近くの森林を水源とする湧水があり、「仁頃の名水」として地元で愛されています。取水口から流れる冷たい水は、容器を持参すれば持ち帰ることもできるそう。

裏手にあるエゾミソハギの群生地では、毎年7月から8月下旬頃まで、紅紫色の可憐な花が風に揺れる光景を楽しむことができます。

仁頃はっか公園・エゾミソハギの画像
エゾミソハギ群生地

また、10月末ごろまで週末限定でオープンする野菜直売所も人気!採れたての野菜などが格安で購入できます。歴史を感じられ、美味しい水も堪能できる仁頃はっか公園にぜひ足を運んでみて下さいね。


※北見市のそのほかの情報はこちら!
北見市「山の水族館」☆世界初と日本初の水槽
北見市☆山のうえの展望広場キャンプ場!温泉も

※北見市「仁頃はっか公園」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 仁頃はっか公園 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.