« 前へ | メインページ | 次へ »

つべつ木材工芸館☆巨木がそびえる木の博物館

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、愛林のまち津別町のシンボル的な建物、つべつ木材工芸館をご紹介します。

吹き抜けになった館内には、樹齢数百年の巨木やエゾシカのはく製などが展示され、まるで森の中を歩いているような感覚を味わえます。

津別町・つべつ木材工芸館の画像>
つべつ木材工芸館・館内
<クリックで写真が拡大します>

イチイやエゾマツなどといった木の種類と紹介文が書かれたプレートのほか、その木の樹齢や樹高、太さ、参考価格などの数値が記載されたプレートも掲示。森のスペースのまわりには、津別の森に生えている主要な木の標本が並んでいます。

また、津別ウッドクラフト展の入賞作品や工芸品などが壁面にあるガラスケースに飾られ、2階には、レリーフやオリジナル家具も。木の香りが漂う、とても落ち着ける空間になっていますよ。

☆詳細は以下をご覧ください。
つべつ木材工芸館:津別町HP

館内では、津別産の木を使った木工芸品も多数展示・販売しています。食器やキッチンツール、文房具やおもちゃなど種類もさまざま。お土産や贈り物としてもおすすめです。ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

※津別のそのほかの情報はこちら!
津別町「ノンノの森」☆心と体を癒す森林セラピー
津別町グレステンスキー場☆夏もスキーを楽しめる

※「つべつ木材工芸館」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で つべつ木材工芸館 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.