« 前へ | メインページ | 次へ »

道の駅おうむ☆スカイキャビンからの眺めは最高!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、雄武町道の駅おうむをご紹介します。

国道238号線沿い、雄武町市街地の中心部にそびえ立つ道の駅おうむ。1998年にオープンして以来、まちのシンボルとして親しまれています。特に目を引くのは、建物上部にあるスカイキャビン。飛行船をかたどったユニークな展望室です。

雄武町・道の駅おうむの画像
道の駅おうむ
<クリックで写真が拡大します>

展望室の高さは約24mで、ビルの7階に相当するそう。ここからの眺めは抜群で、雄武の街並みが手に取るようにわかるほか、オホーツク海の広大さを実感することができます。

また、流氷が押し寄せる時期には絶好のビュースポットに。室内なので寒さを気にすることなく、ゆっくりと眺めることができますよ。

雄武町・道の駅おうむのスカイキャビンの画像
スカイキャビンの様子
<クリックで写真が拡大します>

道の駅は、昭和60年に廃線となった旧国鉄興浜南線(興部・雄武間)の終端である雄武駅の跡地に建てられています。

1階フロアには、在りし日の鉄道や昔のまちを記録した貴重な写真を展示。ノスタルジックな雰囲気が懐かしい気持ちにさせてくれます。そして、ぜひ注目したいのが、こちらの「わがふるさとマップ」

雄武町・道の駅おうむの「わがふるさとマップ」の画像
わがふるさとマップ
<クリックで写真が拡大します>

マップには、昭和15年から20年頃のエピソードがイラスト付きで載せられており、とても興味深いですよ。「ニシンがくると海が白く盛り上った」「春先、流氷に乗って遊ぶこともあった」などおもしろい話がいっぱい!

詳しくはこちらをご覧ください。
道の駅おうむ:雄武町HP

4月から10月まで営業している売店「いっぷく屋」(今年は4月12日から)には、ダッタンそばをはじめとする雄武町の特産品が並んでいます。そばを使った軽食メニューやアイスクリームなども提供しているので味わってみてくださいね♪


※雄武町のそのほかの情報はこちら!
雄武町の春☆海明けと毛がに漁船&人気イベント
道東・雄武日の出岬と滝上の日帰り入浴を満喫!

※雄武町「道の駅おうむ」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 道の駅おうむ を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.