« 前へ | メインページ | 次へ »

紋別市「まちなか芸術館」☆郷土ゆかりの作家たち

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、郷土にゆかりのある美術作品を鑑賞できる紋別市「まちなか芸術館」をご紹介します。

平成20年に紋別市立博物館の分館としてオープンしたまちなか芸術館流氷画家として知られる村瀬真治と紋別市出身の彫刻家・齊藤顯治(さいとうけんじ)の作品が多数展示されています。

紋別市「まちなか芸術館」村瀬真治の作品群の画像
村瀬真治の作品群
<クリックで写真が拡大します>

明治39年、横浜で生まれた村瀬真治は、昭和24年に美術教師として紋別市へ転居しました。そのとき、はじめて流氷と出会い神秘的な美しさに魅了されたそう。昭和62年に亡くなるまで流氷をモチーフにした作品を中心に描き、製作数は2000点とも。

展示されている流氷の絵を見ていくと、多くの作品にピンクやオレンジといった暖かい色も使われているのが分かります。「光と空気を色彩として捕える」独自の画風で、流氷を描いているそうですよ。

紋別市「まちなか芸術館」齊藤顯治の作品群の画像
齊藤顯治の作品群
<クリックで写真が拡大します>

齊藤顯治は昭和8年に紋別市で生まれ、高校まで過ごしました。文部大臣賞を受賞するなど、日本彫刻界の第一人者として活躍し、紋別の自然を原風景として生涯、創作に取り組んだそうです。

芸術館の作品は、広いスペースを活かし、ひとつひとつ距離をおいて展示されているので、とても落ち着いた雰囲気に。紋別を愛した二人の芸術家の傑作を心ゆくまで堪能できますよ。

詳しくはこちらをご覧ください。
博物館からのお知らせ:紋別市HP

現在、まちなか芸術館と紋別市立博物館を会場に「流氷画家 村瀬真治展」を開催中です(2013年3月10日まで)。

「流氷画家 村瀬真治展」のポスターの画像
「流氷画家 村瀬真治展」
<クリックで写真が拡大します>

今回の企画展では新たに遺族から寄贈されたスケッチ画や、村瀬真治が流氷と出会う前の貴重な作品も見ることができます。芸術家の視点を通して、今まで気づかなかった流氷の魅力を発見できるかもしれませんね♪


※紋別市のそのほかの情報はこちら!
紋別市「かにっこ」☆オホーツクの幸、カニを堪能
紋別市☆北海道立オホーツク流氷科学センターGIZA
紋別・まるとみ渡辺水産☆新鮮なオホーツクの味を!
紋別市「らーめん西や」☆オホーツクの味を堪能

※紋別市「まちなか芸術館」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」

<
より大きな地図で まちなか芸術館 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.