« 前へ | メインページ | 次へ »

清里町「ロッジ風景画」☆スノーシューで神の子池へ

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、清里町ロッジ風景画が企画する神の子池スノーシューツアーをご紹介します。

清里町にある神の子池は、摩周湖から直線距離で4kmほど離れたところにある小さな池。摩周湖と地下で繋がっていると考えられており、1日12,000トンもの水が湧き出ているそう。

池の透明度はとても高く、水深約5mの底まではっきり見ることができるんですよ。さらに水の中で眠るように横たわる倒木が、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

清里町・「冬の神の子池」の画像
冬の神の子池
<クリックで写真が拡大します>

1年を通して美しい姿を見せてくれる神の子池。日差しの強い春から秋にかけて、コバルトブルーに見える池の色は、冬になると深みがかった藍色に。

池へは道道から入る約2kmの林道を通りますが、雪が積もると車で行くことができません。ロッジ風景画では、スノーシュー(西洋かんじき)で歩くツアーを実施しているので、冬でも神の子池を堪能できますよ。

清里町・神の子池「スノーシューで歩く様子」の画像
スノーシューで歩く様子
<クリックで写真が拡大します>

ツアーは、自然観察と休息を含めた約3時間の行程。林道を歩いて池に向かい、帰りは池から流れる川沿いを通ります。経験豊かなガイドが親切に案内をしてくれるので、スノーシューがはじめての人でも安心。

冬独特のしんとした静けさの中、まるで大自然を貸し切ったような贅沢な気分を味わえます。神の子池に到着すると、雪に覆われた白い森に輝く宝石のような青さに感動すること間違いなし!

清里町・神の子池「池から流れる川の造形」の画像
池から流れる川の造形
<クリックで写真が拡大します>

さらに、池から流れる川のあちこちには、おもしろい氷の造形が。年間を通して一定の水温を保ち、真冬でも凍らない神の子池ならではの光景です。

詳しくはこちらをご覧ください。
神の子池スノーシューツアー:ロッジ風景画

夏は草木が生い茂る場所でも、スノーシューなら自由に行くことができるので、野生動物たちの痕跡をたくさん見ることができます。また、澄んだ空気の中で聞こえてくる野鳥のさえずりは、癒し効果抜群。

そんな自然の魅力をたっぷり味わえる冬限定のツアーは、良い思い出になりますね。


※清里町のそのほかの情報はこちら!
清里町☆思いやりにあふれた日帰り温泉「緑の湯」
清里じゃがいも焼酎☆オホーツクの地酒工場見学も
清里町・秀峰庵☆斜里岳の見えるおいしいそば屋

※清里町「ロッジ風景画」と「神の子池」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で ロッジ風景画と神の子池 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.