« 前へ | メインページ | 次へ »

津別アロニア研究会☆無農薬栽培から魅力的な商品

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、津別アロニア研究会アロニアをご紹介します。

アロニアは、ブラックチョークベリーという名前でも親しまれる耐寒性の強い北米原産のバラ科の植物。「黒い実のナナカマド」とも呼ばれ、ジャムやジュースの原料として古くから使われてきました。

津別町「アロニア」の画像
アロニア
<クリックで写真が拡大します>

1976年に旧ソ連(現ロシア)から種子が導入されたことがきっかけで、日本での栽培が始まったアロニア。現在は全道で広く栽培されおり、オホーツクエリアでは津別町産が有名です。

津別アロニア研究会は、2003年から無農薬でアロニアの栽培を開始。1000本以上の樹木から、毎年2、3トンの収穫があるそうですよ。

津別町「アロニアの収穫」の画像
アロニアの収穫
<クリックで写真が拡大します>

アロニア研究会が注目しているのは、その豊富な健康成分。アロニアには老化の原因と考えられる活性酸素を消去するポリフェノールカロテノイドがたくさん含まれています。

なかでも目の疲労回復や機能改善に効果があるとされるアントシアニンは、ブルーベリーの約3倍!研究会では、アロニアの魅力を広く知ってもらおうと商品開発に積極的に取り組んでいます。

津別町「アロニアのヨーグルトソース」の画像
アロニアのヨーグルトソース
<クリックで写真が拡大します>

上の写真は第6回オホーツクブランドに認証されたアロニアヨーグルトソース。津別アロニア研究会が栽培したアロニアをメインに、グラニュー糖やビート含みつ糖など他の材料も北海道産にこだわった逸品です。果肉をそのままたっぷり使っているので、アロニアの食感も楽しめますよ。

このほか果汁100%、66%、30%のアロニアドリンクや端野町産のルバーブ(フキに似た野菜)が入ったジャムなど、アロニアを継続して摂取しやすいように工夫された商品が揃っています。

詳しくはこちらをご覧ください
津別アロニア研究会

アロニア商品は、津別アロニア研究会(津別トラック内)や津別さんさん館などのほか、メールやFAX、電話でも購入できます。

また、「つべつ 西洋軒」のメニューにあるアロニアミルクは、津別産のアロニアとオーガニック牛乳が織りなす二色の色合いがとてもきれい。さらに濃厚な味わいでオススメですよ♪


津別町のそのほかの情報はこちら!
ランプの宿・森つべつ☆日帰り温泉とレストラン!
津別町グレステンスキー場☆夏もスキーを楽しめる
津別町・加賀谷木材☆作る・使う・遊ぶ工作キット

※津別町「津別アロニア研究会(津別トラック内)」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 津別アロニア研究会(津別トラック内) を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.