« 前へ | メインページ | 次へ »

紋別市☆竹本水産の「飯寿司」は季節限定の逸品!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、紋別市にある株式会社竹本水産が製造・販売する飯寿司(いずし)をご紹介します。

北海道の郷土料理「飯寿司」とは、魚や米麹、野菜を乳酸発酵させて作るなれずしの一種。魚を美味しく保存するために考えられた冬の食べ物で、お正月料理にも欠かせない食品です。

飯寿司のシーズンは、8月下旬から3月頃まで続き、12月に製造のピークを迎えるそう。

紋別市・株式会社「竹本水産」のオホーツク海で獲れたほっけの飯寿司(いずし)の画像
ホッケの飯寿司(いずし)
<クリックで写真が拡大します>

古くからの製法を守り続けている、飯寿司づくりの老舗として有名な竹本水産。こだわりを持った職人が絶妙な塩加減・酢加減でしめた魚を、野菜や糀などと一緒に漬けこみます。

1週間から2週間すると乳酸菌のまろやかな酸味や具材から凝縮された旨味、北海道米の甘味などで深い味わいに♪一つ一つ丁寧に製造された商品は10種類に及びます。

なかでも、1番人気はホッケの飯寿司!脂がのり、身の締まった紋別産の魚を原料にしています。漁獲量が減少している近年は価格が高騰していますが、作業効率をはかることでコストを抑え、いつも変わらぬ味を維持しているそう。

紋別市・株式会社「竹本水産」のオホーツク海で獲れた秋鮭の飯寿司(いずし)の画像
秋鮭の飯寿司(いずし)
<クリックで写真が拡大します>

また、オホーツク海で獲れた新鮮な鮭をじっくり漬け込み熟成された秋鮭の飯寿司や、まろやかな甘さが特徴のホタテの飯寿司などもオススメ。ハタハタや高級魚のキンキの飯寿司は、独自の製法で作られます。そのほか紅さけカレイニシンなども。

詳しくはこちらをご覧ください。
株式会社竹本水産HP

商品は、お試しサイズ(500円)と400g(1部450g)の2種類あるのでお土産にもいいですね。竹本水産で直販しているほか、ホームページからお取り寄せすることもできますので、季節限定の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※紋別市のそのほかの情報はこちら!
紋別・まるとみ渡辺水産☆新鮮なオホーツクの味を!
紋別市☆北海道立オホーツク流氷科学センターGIZA
道東・紋別のオホーツクタワー☆ガリンコ号IIと一緒に
紋別市立博物館☆地域の歴史と産業、文化を凝縮

※紋別市・株式会社「竹本水産」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 株式会社 竹本水産 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.