« 前へ | メインページ | 次へ »

オホーツク網走フィルムフェスティバル2012☆12/1-2

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、2012年12月1日(土)から2日(日)まで網走市エコーセンター2000(オホーツク・文化交流センター)で開催される「第5回オホーツク網走フィルムフェスティバル」をご紹介します。

網走市は「子ぎつねヘレン」「南極料理人」、中国映画「非誠勿擾(フェイ・チェン・ウー・ラオ)」など数多くの映画やテレビドラマのロケ地となっている街。なかでも映画「網走番外地シリーズ」は、網走の名を全国へ広めた作品となりました。

網走市「第5回オホーツク網走フィルムフェスティバル」チラシの画像
「第5回オホーツク網走フィルムフェスティバル」チラシ
<クリックで写真が拡大します

このフェスティバルは、映画ファンのみならず、どなたでもイベントを通して網走の街を十分に楽しめる内容になっているそう。今年は「未来へつづく足音-変わらない大切なものがある」をテーマに開催されます。

上映作品は、映画祭の原点となった「網走番外地(第1作)」や北海道の四季折々の美しい景色と心地よい暮らしを描いた「しあわせのパン」、ベルリン国際映画祭で受賞した「ひろしま」「別離」、アニメ「ルパン三世くたばれ!ノストラダムス」など8本。テーマに沿って選ばれたすばらしい作品ばかりです。

また、2日間ですべての映画を観ることができるように上映スケジュールが組まれています。入場料の1,500円(前売券1,000円)は全作品共通券となっているので、とっても嬉しい価格ですね♪

網走市「第5回オホーツク網走フィルムフェスティバル」映画づくり体験のチラシの画像
映画づくり体験のチラシ
<クリックで写真が拡大します>

さらに、映画鑑賞のほかにも面白いイベントが盛りだくさん!映画づくり体験(申込み必要・無料)では、撮影や編集などを行い、映画が完成するまでのプロセスを体験しながら学ぶことができます。講師の本田隆一氏は、上映作品にある「大木家の楽しい旅行新婚地獄篇」で監督を務め、国内外でも評価されている映画監督なんですよ。

1日目の映画交流会(パーティ)では、プロデューサーなど映画関係者との親睦を深めることができます(申込み必要)。そして両日行われる映画対談は、上映作品を手掛けた映画監督と対話ができるまたとない機会!制作にまつわるエピソードなどを交えながら楽しみます。

会場内にあるシネマ屋台は、地元のグルメを味わいながら休憩できるスペース。映画の合い間に利用したりするのもいいですね。

※詳しくはこちらをご覧ください
オホーツク網走フィルムフェスティバルHP

フェスティバルが開催される12月1日は、ちょうど「映画の日」です。家族や仲間で映画文化にふれる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

※網走市のそのほかの情報はこちら!
網走市☆濤沸湖水鳥・湿地センターで自然観察!
網走市立美術館☆オホーツクが生みだした傑作
網走市☆「流氷硝子館」で貴重なガラス制作体験!
網走レークビュースキー場☆パウダースノーと絶景

※「第5回オホーツク網走フィルムフェスティバル」会場の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 「第5回オホーツク網走フィルムフェスティバル」会場 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)