« 前へ | メインページ | 次へ »

網走市立美術館☆オホーツクが生みだした傑作

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、北海道で2番目に誕生した歴史をもつ網走市立美術館をご紹介します。

網走出身の洋画家・居串佳一の作品38点が市民から寄贈されたことをきっかけに1972年(昭和47年)に開館した網走市立美術館。市町村立としては道内最初の美術館になるそうです。


網走市立美術館の画像
網走市立美術館

現在は、居串佳一を中心に高橋道雄松樹路人など網走にゆかりのある作家や、オホーツクの原風景にテーマを求めた作家の作品が約1000点収蔵されています。美術館のコレクションは、どれもが確かな質のものばかり。地元の宝を知って欲しいとの思いから、展示のテーマにはいつも知恵を絞っているそうです。

屋外の前庭には、少年時代を北海道で過ごした佐藤忠良や稚内公園の「氷雪の門」の作者である本郷新の彫刻像も。


展示室の写真
展示室の様子
<クリックで写真が拡大します>

収蔵作品の中心作家である居串佳一は、44歳の若さで亡くなるまで生涯にわたり、オホーツクの風土と人々の営みを描き続けました。作品の中にはイタリア政府の買い上げになったものもあり、国内外から高い評価を得ています。厳しい自然の中でも力強く生きる人々の姿をダイナミックに描く画風は、見る人に深い感動を与えてくれますよ。

居串佳一「冬期捕鯨場」
居串佳一「冬期捕鯨場」

美術館では企画展や体験講座も定期的に開催。5月6日から27日まで「楽しい子どもの美術展」 が予定されており、全国のコンクールなどから選りすぐられた児童・生徒の作品を展示します。また、5月12日には楽しい子どものワークショップ「大きな画面に絵を描こう」 が開催されるので、子どもたちが芸術に触れる良い機会となりますね。

詳しくはこちらをご覧ください
網走市立美術館:網走市HP

美術館では、「美術館友の会」の会員(年会費1,000円)を募集しています。常設展や一部の企画展の観覧料が無料になったり、会員展に出品できたりと特典がいっぱい。こちらもおすすめですよ♪

☆網走市のそのほかの情報はこちら!
網走市☆「流氷硝子館」で貴重なガラス制作体験!
博物館「網走監獄」☆みちびきプロジェクト実験も!
網走「リスの森」☆ジェラートで北海道の味を楽しむ!
網走☆道の駅・レンタサイクルで一味違った市内観光
網走「クジラ・イルカ ウォッチング2011」4月運航開始
網走のご当地グルメ☆オホーツク網走ザンギ丼

※「網走市立美術館」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 網走市立美術館 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.