« 前へ | メインページ | 次へ »

斜里・北のアルプ美術館☆企画展や記念講演会も!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、今年開館20周年を迎える斜里町北のアルプ美術館をご紹介します。

北のアルプ美術館は、山や自然を愛する作家たちの絵や写真、紀行文などが掲載された山の文芸誌「アルプ」から名づけられた私設美術館。「アルプが語り残したものを、次の世までも伝えたい」と言う願いを込めて館長の山崎さんが開館しました。

斜里町・北のアルプ美術館の外観の画像
北のアルプ美術館の外観
<クリックで写真が拡大します>

館内には、オホーツクに縁(ゆかり)のある作家をはじめ画家などの直筆原稿、絵画、版画、工芸品、写真など多くの資料が展示されています。雑誌アルプの25年間分のバックナンバー(1958年3月~1983年2月)も揃っていますよ。

斜里町・北のアルプ美術館「造形の部屋」
北のアルプ美術館「造形の部屋」
<クリックで写真が拡大します>

また、敷地内にある林や庭の四季折々の美しさも魅力です。春はクロッカスやサクラソウ、夏は緑の中に映える赤いグミの実やハマナスなどを楽しめ、秋には白樺林内に広がる落ち葉の中を散歩してゆったりとした時間を過ごすことも。

斜里町・北のアルプ美術館周辺の春の花「サクラソウ」の画像
北のアルプ美術館周辺の春の花「サクラソウ」
<クリックで写真が拡大します>
◇◆◇ 北のアルプ美術館の詳細情報 ◇◆◇

【開館時間】 夏期 6月から10月まで 午前10時から午後5時まで
         冬期 11月から5月まで 午前10時から午後4時まで
【休 館 日】 月曜日・火曜日
        ※毎年12月下旬から2月末頃まで休館
         (連絡すると対応可能な場合もあり)
【入 館 料】 無料
【問合せ先】 0152-23-4000


北のアルプ美術館では、定期的に企画展も開催しています。現在は、雑誌「アルプ」の名付け親であり詩や文章などを執筆した尾崎喜八「アルプ」原稿資料展、そして山や草花を題材にした絵を描き、六花亭の包装紙のデザインでも知られる坂本直行スケッチブック展を開催中![5月31日(木)まで]

※詳細はこちらをご覧ください。
北のアルプ美術館HP

2012年6月17日(日)には、ゆめホール知床「公民館ホール」で記念講演会も開催。女性初のエベレスト登頂者であり、山に関する著書を出版している田部井淳子さんのお話を聞くことができます。こちらにもぜひ足を運んでみてくださいね♪

☆斜里町のそのほかの情報はこちら!
オジロワシを間近で観察☆斜里町立知床博物館
知床の新しい名物グルメ☆斜里町・鹿肉バーガー
斜里町ウトロの巨大な岩山☆伝説の地オロンコ岩
斜里町「知床財団」☆あなたも知床のサポーターに!
斜里町発「シリエトクノート」☆冬号は流氷づくし!

※斜里町・北のアルプ美術館の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 斜里町・北のアルプ美術館 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.