« 前へ | メインページ | 次へ »

津別町・加賀谷木材☆作る・使う・遊ぶ工作キット

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「オホーツクAI☆地域の魅力」では、津別町加賀谷木材株式会社をご紹介します。

面積の9割を森林が占める「木のまち」津別町。加賀谷木材では、町の特色を生かし「一本一本の木を最大限に有効活用する」取り組みを実践しているそう。駅弁やお寿司の容器に使われている経木商品、ホームセンターで見かけるDIY製材、建築や土木用の一般製材などの製造販売をしています。

また、「木のものづくりを身近に楽しんでほしい」という想いから、1984年に全国で初めて「木工工作キット」を商品化。作る楽しみと完成後も使う遊ぶ二重の楽しみがあり、自由研究や学校の教材など幅広く親しまれているんですよ♪

「恐竜とドラゴン」よりティラノザウルスとトリケラトプスの着色例の画像
「恐竜とドラゴン」
ティラノザウルス(奥)とトリケラトプス(手前)の着色例
<クリックで写真が拡大します>

工作キットは、すべて自社工場で生産しており、現在、約100種類ものアイテム数を誇ります。のこぎりなどを使う本格的なものから、接着剤のみで組み立てる簡単なものまで多彩!自分のレベルにあった工作キットを探せるのは嬉しいですね。

男の子に人気がある「恐竜とドラゴン」は、木のブロックを接着して作ります。自分好みに着色したり、ジオラマを作って遊ぶなど楽しみがいっぱい!

そのほか、使用済みペットボトルを利用した「ペットボトルシップ」や、北海道産のカラマツを使用した「手作り木琴」、木で昆虫を作る「昆虫標本セット」といったものも。仕掛けで動く「からくりシリーズ」もあります。

どれもお手頃な値段なので、プレゼントにもオススメです。つべつ木材工芸館や北見市のオホーツク木のプラザ、HPなどでも購入することができるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

3種類のペットボトルシップの画像
3種類のペットボトルシップ
<クリックで写真が拡大します>

加賀谷木材では、元気な森林づくりにも力を入れており、端材やおが粉の再利用、植林活動をはじめ、国産材を使ってCO2を減らす「木づかい運動」にも参加しています。「植える・育てる(手入れ)・収穫する」という森林のサイクルを循環させることで、地球温暖化防止に貢献。森林の荒廃も防ぐことができ、すみやすい環境と資源に繋がっていくそう。

詳しくはこちらをご覧ください。
加賀谷木材株式会社HP

加賀谷木材では、毎年新商品を発表しています。今年はどんな工作キットが登場するのでしょうか?楽しみですね♪

※そのほかの津別町の情報はこちら!
2011津別ウッドクラフト展☆作品募集中!10/5必着
津別町・老舗食堂「つべつ 西洋軒」☆創業80年!
津別町☆7段の岩床が魅せる「鹿鳴(ろくめい)の滝」

※津別町・加賀谷木材株式会社の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 加賀谷木材株式会社 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.