« 前へ | メインページ | 次へ »

北見ハッカ記念館・薄荷蒸留館☆実演で知る歴史

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

北見市のハッカ生産は、大正から昭和にかけて世界の7割を占めるほど盛んでした。規模は小さくなりましたが今でも栽培されていて、ハッカを使用した特産品も豊富です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、館内に入るとほんのり薄荷の香りがする北見市北見ハッカ記念館薄荷蒸留館をご紹介します。

北見ハッカ記念館の外観
北見ハッカ記念館

北見ハッカ記念館は、昭和9年に開業したホクレン北見薄荷工場の旧事務所を改修して公開。平成19年には、日本近代化産業遺産として認定されています。1階には、かつての工場で使われていた機械類が展示され、北見薄荷の歴史をまとめたDVDも鑑賞できます。2階では、北見薄荷工場のジオラマを見ることも。

北見ハッカ記念館・展示室「製品のできるまで」の画像
北見ハッカ記念館・展示室「製品のできるまで」

北見ハッカ記念館に隣接する薄荷蒸留館では、ハッカの苗植えから収穫して出荷するまでの工程を紹介。明治時代に使用していた蒸留器やハッカ最盛期を支え海外にも輸出された田中式薄荷蒸溜器などを展示しています。

北見薄荷蒸留館に展示されている「薄荷蒸留釜」の画像
北見薄荷蒸留館「薄荷蒸留釜」

北見産のハッカを使った蒸留実演は、夏期間(4月29日から11月3日)には毎日開催されていますが、冬期間(11月4日から4月28日)は、月1回はっかの日(毎月第三日曜日)のみとなっています。午前10 時と午後1時から2時間ほど行っていて、ミントティーのサービスやミントウォーターの配布などもあるそうですよ!

◇◆◇北見ハッカ記念館・北見薄荷蒸留館の詳細情報◇◆◇

【開館時間】 5月1日から10月31日まで 午前9時から午後5時まで
        11月1日から4月30日まで 午前9時半から午後4時半まで
【休 館 日】 月曜日・国民の祝日の翌日
        ※月・金・土曜日が祝日の場合は開館、翌日も開館
        年末年始(12月30日から1月6日まで)
【入 館 料】 無料
【問合せ先】 0157-23-6200

北見ハッカ記念館・北見薄荷蒸留館HP

薄荷蒸留館の売店では、ハッカを使用したクッキー、ようかんなどのお菓子も購入できるのでお土産にもおすすめ!また、薄荷取卸油は、虫よけやかゆみ止めになり、お風呂に数滴入れると新陳代謝を高める効果も。爽やかな香りで気分もリフレッシュできそうです♪

北見ハッカ記念館・薄荷蒸留館は、どちらも入館料が無料というのも嬉しいですね。 北見薄荷について楽しみながら知ることができるので足を運んでみてはいかがでしょうか。

☆北見市のそのほか情報はこちら!
北見「ティンカーベル」地産地消のおいしいケーキ店
北見市「金刀比羅桜公園」☆オホーツク・道東の桜の名所
きたみファミリーランド&北見フラワーパラダイス

※北見市「北見ハッカ記念館・北見薄荷蒸溜館」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 北見ハッカ記念館・北見薄荷蒸溜館 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.