« 前へ | メインページ | 次へ »

湧別町☆文化センターTOMとふるさと館JRYに行こう

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」では、湧別町「文化センターTOM(トム)」「ふるさと館JRY(ジェリー)」をご紹介します。

湧別町にある文化センターTOMの外観画像
湧別町・文化センターTOM

旧中湧別駅の跡地に建設された「文化センターTOM」。町民の公募により決められた名前「TOM」には、T(チューリップ、タウン、トータル)・O(オホーツク、オンワード)・M(漫画、ミュージアム)などの意味が込められているそう。館内にはさまざまなイベントが開催される多目的ホールやパソコン室を備えた図書館のほか、「漫画美術館」もあります。

漫画美術館には、モンキーパンチいがらしゆみこ里中満智子石ノ森章太郎など有名漫画家の原画や愛用した道具などを約500点収蔵、そのうち数十点を展示しています。

特に、北海道出身であるいがらしゆみこの作品は充実していて、名作『キャンディ・キャンディ』ができるまでの工程が作画でわかるようになっています。また併設されている「町民ギャラリー」では、町民の方たちの作品も展示しているんですよ。

<文化センターTOM(漫画美術館)の詳細情報>

開館時間:9:00から17:00
休館日:月曜・祝日
料金:無料
TEL:01586-2-2188

湧別町・ふるさと館JRYの画像
湧別町・ふるさと館JRY

チューリップ公園の一角にある郷土博物館「ふるさと館JRY」。旧上湧別町開基100年を記念して建てられ、屯田兵に関する資料が展示されています。名前の「JRY」には、J(ジョイント、ジュエル)・R(ルーツ、レコード)・Y(湧別屯田兵)などの意味が込められているんですよ。

館内には、湧別屯田兵について実物資料や精密な模型など展示。また、隣に建てられた屯田生活体験館では、屯田兵屋のレプリカでの生活体験も!薪割りや火おこし、お釜でご飯を炊くなどさまざまなメニューがあり、「日本古来の生活が、素晴らしいものであったことを知ってもらう」ために行っているそう。歴史に詳しくなくても楽しくタイムスリップできますよ♪

<ふるさと館JRY(屯田歴史博物館)の詳細情報>

開館時間:9:00から16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜(祝日は開館)・年末年始
    ※チューリップフェア期間中は無休
料金:大人400円(団体320円)
   高校生250円(団体200円)
   小中学生200円(団体160円)
   ※湧別町民は入館無料
TEL:01586-2-3000

※詳しくはこちらをご覧ください。
文化センターTOM・ふるさと館JRY:湧別町HP

文化センターTOMの周辺には、道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯、ラッセル車などが展示された中湧別駅記念館があります。みなさんも湧別町に行ってみませんか?

※そのほかの湧別町に関する情報はこちら!
カントリーサイン第2弾☆滝上町・紋別市・湧別町!
2009年10月5日、新「湧別町」が誕生しました!

※湧別町にある「文化センターTOM」と「ふるさと館JRY」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 湧別町 文化センターTOM・ふるさと館JRY を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.