« 前へ | メインページ | 次へ »

カントリーサイン第3弾☆佐呂間町・遠軽町・北見市!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、オホーツクのカントリーサイン第1弾第2弾に続き、第3弾として佐呂間町・遠軽町・北見市をまちの魅力とともにご紹介します。

佐呂間町のカントリーサインの画像
佐呂間町のカントリーサイン

佐呂間町はオホーツクのほぼ中心に位置するまち。特産品のカボチャは、毎年9月に「シンデレラ夢まつり」を開催するなど、シンボルとしてみんなに愛されています。

北海道で一番大きな湖「サロマ湖」もあり、「キムアネップ岬」にはキャンプ場や遊歩道も整備されています。秋になると赤い絨毯を広げたようなサンゴ草を見ることができ、観光にもオススメ♪

道の駅サロマでは、カボチャのお土産のほか、特産品のホタテを使ったカレーや北海シマエビ、牡蠣など海の幸も!

6月には「サロマ湖100kmウルトラマラソン」、7月には「インターナショナルオホーツクサイクリング」も開催されています。

※佐呂間町に関する情報はこちらをご覧ください。
佐呂間町HP
佐呂間町観光協会

遠軽町のカントリーサインの画像
遠軽町のカントリーサイン

平成17年に、遠軽町・生田原町・丸瀬布町・白滝村の4町村が合併し、新たな遠軽町が誕生しました。カントリーサインに描かれている「瞰望岩(がんぼういわ)」は、岩の上からまちを一望できるほど大きいんですよ。

また、JR遠軽駅には、北海道では数少ない折り返し形のスイッチバックがあり、これが目当ての観光客も多いそう。

ほかにも、1000万本のコスモスが咲き乱れる「太陽の丘えんがる公園」や、世界約40か国の木のおもちゃを集めたミュージアム「ちゃちゃワールド」、今年オープンした日本一の黒曜石資料を誇る「遠軽町埋蔵文化財センター」丸瀬布森林公園いこいの森には森林鉄道蒸気機関車『雨宮21号』が動態保存されているなど、楽しめる場所が多くあります。

※遠軽町に関する情報はこちらをご覧ください。
遠軽町HP
遠軽町観光協会HP

北見市のカントリーサインの画像
北見市のカントリーサイン

北見市は、平成18年に北見市・端野町・留辺蘂町・常呂町が合併し、北海道一の面積を誇るまちとなりました。カントリーサインには特産品であるタマネギをモチーフにした「オニオンくん」ラグビーをする様子が描かれていますね。

小学校の体育授業に、危険度が少なく気軽に楽しめるタグラグビーを導入予定など、ラグビーのまちとして有名。合宿や練習試合などが多く行われており、夏には「ラグビーフットボールフェスティバル」も開催しています。

ほかにもエゾムラサキツツジが咲き誇る季節に開催される「おんねゆ温泉つつじまつり」、夏には「北見ぼんちまつり」、秋には「たんのカレーライスマラソン」、雪像や氷像などを堪能できる「北見冬まつり」といったさまざまなイベントがあります。

特産物はタマネギのほか、ハッカ製品ホタテ流氷焼きなどがあり、ご当地グルメ「オホーツク北見塩焼きそば」も有名ですね。

※北見市に関する情報はこちらをご覧ください。
北見市HP
北見市観光協会

※佐呂間町・遠軽町・北見市の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 佐呂間町・遠軽町・北見市 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.