« 前へ | メインページ | 次へ »

雄武町「幌内ダム」☆紅葉と魚道を遡上するサケ!

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、雄武町幌内にある幌内ダムに完成した魚道と、これから見ごろを迎える紅葉をご紹介します。

雄武町「幌内ダム」の画像
雄武町「幌内ダム」
<クリックで写真が拡大します>

幌内ダムは、1941年に農家の電気などを確保する目的で発電用として造られました。その後、発電所は廃止され現在は土砂災害防止のための砂防ダムとして使われています。

雄武町幌内ダムにある「魚道」の画像
雄武町幌内ダムに完成した「魚道」
<クリックで写真が拡大します>

今年完成した魚道は、遡上するサケ・マスの生態系維持のため出来たもの。冬にふ化した鮭の稚魚は、春に川を下りオホーツク海へ出ると、数年回遊してからふる里の川へ戻ってきます。産卵時期には、ダムによってできた湖に流れ込む幌内川上流を目指して、魚道を遡上するサケやマスなどの姿を観察することができるそうです。

また、幌内川上流はニジマスなどのポイントがあり釣りの名所ですが、ダムの下流から幌内川河口までは、保護水面に指定されているので禁漁となっています。

雄武町幌内ダム周辺の「紅葉」の画像
雄武町幌内ダム周辺の「紅葉」
<クリックで写真が拡大します>

天塩山系を背景に緑あふれる自然豊かな幌内川周辺は、エゾマツやトドマツなどの原生林が生い茂り、春には芽吹いた新緑、秋には色鮮やかな紅葉に染まり、湖を囲む美しい景観を見ることができます。

詳細はこちらをご覧ください。
幌内ダム:雄武町HP

なお、北海道ではクマの目撃情報が相次いでいます。幌内近隣でも出没することがありますので、単独行動は避けて十分注意してお出かけください!

☆雄武町に関するそのほかの情報はこちら
道東・雄武日の出岬と滝上の日帰り入浴を満喫!
カントリーサインでPR☆雄武町・興部町・西興部村
おうむ産業観光まつり☆2009/6/27(土)・28(日)開催
雄武町から斜里町まで疾走☆212kmのサイクリング

※雄武町「幌内ダム」の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で 雄武町「幌内ダム」 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.