« 前へ | メインページ | 次へ »

網走のご当地グルメ☆オホーツク網走ザンギ丼

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「地元のおいしい!グルメ情報」では、道東・オホーツクにある網走市のご当地グルメ「オホーツク網走ザンギ丼」をご紹介します。

ザンギといえば、北海道では「鶏肉のから揚げの一種」として一般的に親しまれている料理です。同じ調理法で別の素材を使う場合は、「タコザンギ」など素材名を頭につけることが多いようです。

しかし、この「オホーツク網走ザンギ丼」は、今までのザンギの概念を覆してしまうようなネーミングを持つ、新感覚のメニュー。地元網走産のオホーツクサーモン(カラフトマス)を、「ご当地グルメのために開発された」という白魚醤油に漬け込んで使用しています。また、名称にオホーツク網走という地名をつけることで地域ブランドとしています。


酒菜亭 喜八のオホーツク網走ザンギ丼
酒菜亭 喜八のオホーツク網走ザンギ丼
<クリックで写真が拡大します>

道東・オホーツクエリアでは、以前ご紹介した「オホーツク北見塩やきそば」「オホーツク干貝柱塩ラーメン」など、数々のご当地メニューが開発されてきましたが、みなさんはもう召し上がっているでしょうか?

どれも地域ならではの特産品を活かして、定義やルールを定めていますが、ご当地グルメとしての「こだわり」が随所に見られます。今回ご紹介する丼の場合は、「網走産のオホーツクサーモンの美味しさを広く世の中に知ってもらうため」というコンセプトに基づき、

1)正式名称はオホーツク網走ザンギ丼とする
2)北海道米のご飯の上に「網走ザンギ」をのせる。
(量は自由とするが一個の大きさは揚げる前おおむね35mm四方とする)
3)ご飯の上にのせる具材は「網走ザンギ」のほかは自由とするが、なるべく地元産の食材にこだわる。
4)網走産の長いも網走産の山わさびを添え(別盛り)、丼にかけて食べてもらう。
5)網走産の貝(しじみ、ホタテ、あさり等)を使った汁ものをつける。
6)小鉢をつける(内容は変更の場合あり)。
7)白い器を使う。
8)道産の間伐材を使った割り箸共通の箸袋を使う。
9)価格は税込1,000円未満とする。

という9か条のルールが定められています。
※写真では箸袋は別の物となっています。

鮨かっぽう 花のれんのオホーツク網走ザンギ丼
鮨かっぽう 花のれんのオホーツク網走ザンギ丼
<クリックで写真が拡大します>

「オホーツク網走ザンギ丼」が食べられるのは網走市内の8店舗です。

★「オホーツク網走ザンギ丼」提供店
鮨かっぽう 花のれん
四季旬菜居酒屋 さわ
博物館網走監獄 お休み処番外地
酒菜亭 喜八
網走セントラルホテル グラングラシェ
オホーツクバザール 可留茶屋倶楽部
フードコートキネマ館
▼カジュアルレストラン アルカディア(網走市新町2-3-1 0152-44-2152)

網走発のB級グルメ食べ歩き”もいいかもしれません。ぜひ足を運んでみてくださいね!

☆オホーツク網走ザンギ丼の詳細についてはHPをご覧ください。
ご当地グルメ:網走観光協会


★関連するオホーツクのグルメはこちら!
オホーツク北見塩やきそばがB級グルメスタジアムへ
新ご当地「オホーツク干貝柱塩ラーメン」7/23誕生!
留辺蘂・e’f(エフ)の「オホーツク干貝柱塩ラーメン」
オホーツクの「山わさび」食べる調味料としても注目

※オホーツク網走ザンギ丼提供店の地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で オホーツク網走ザンギ丼提供店舗一覧 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2017 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.