« 前へ | メインページ | 次へ »

遠軽町丸瀬布☆マウレ・メモリアル・ミュージアム

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局です。

今回の「北海道オホーツクの観光情報」は、道東・遠軽町の丸瀬布(まるせっぷ)にあるマウレ・メモリアル・ミュージアムをご紹介します。

20110318-maure.jpg
マウレ・メモリアル・ミュージアム
JR丸瀬布駅から車で10分ほどのところにある、自然に囲まれたマウレ・メモリアル・ミュージアム。さまざまな事情で両腕を使えない方々が、口と足で絵を描く努力を重ね、アーティストとして自立することを目指し、支援する組織「口と足で描く芸術家協会」協力のもとに設立されました。人の交流・文化の交流を国内外に発信していく活動場所となっています。


廃校になった武利小学校を再利用した館内には、さまざまなギャラリーがあり、「ディスエイブルド・アーティスト・ギャラリー」では、国内外の「口と足で描く芸術家協会」会員の作品を展示しています。「ディスエイブルド」とは英語で「障害を持った方」という意味。このギャラリーでは、ハンディキャップを乗り越えて描かれた、クオリティの高い作品を見ることができます。


20110318-maure-gallery.jpg
ディスエイブルド・アーティスト・ギャラリー

「プレイヤー・ギャラリー」(祈りのギャラリー)では、チベットやタイ、ネパールなどの仏像を多数展示。また、石炭画家早川季涼氏」が描く仏像作品も数多くあり、アジアの民族芸術や神像世界に触れることができます。

「武利小学校記念室」では、大正5年の開校から平成16年の閉校までの歴史を展示。

「ナチュラル・サイエンス・ギャラリー」(地球と生命/自然科学ギャラリー)では、エドモントサウルスの骨格標本をはじめ、アンモナイトなどの化石や原石、壁一面に飾られた約600点に及ぶ世界の蝶の標本が迎えてくれます。歴史的な世界の帆船・航空機の模型もあるので、子供たちも楽しめそうですね。


マウレ・メモリアル・ミュージアムの基本情報

◆営業期間 4月下旬から10月上旬まで
◆営業時間 午前9時から午後5時まで
◆休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌水曜日)
◆入館料 無料

北海道紋別郡遠軽町丸瀬布武利164
0158-49-5181

※ディスエイブルド・アーティスト作品は、すぐ近くにあるホテルマウレ山荘でもご覧いただけます。

詳しい情報はこちらをご覧ください。
マウレ・メモリアル・ミュージアム
ホテルマウレ山荘


※そのほかの遠軽町の観光スポットはこちら!
遠軽町・丸瀬布温泉やまびこ/昆虫生態館/山彦の滝
遠軽町白滝・黒曜石遺跡群☆日本ジオパークに認定
遠軽町丸瀬布☆道の駅「木芸館」と特産のじゅんさい
遠軽町:ちゃちゃワールド☆隠れた景観は、お城の中で発見?

※マウレ・メモリアル・ミュージアムの地図はこちら!
「Google Maps(グーグルマップ)」


より大きな地図で マウレ・メモリアル・ミュージアム を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.