« 前へ | メインページ | 次へ »

紋別・第25回北方圏国際シンポジウム2/21から開催

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局のsoraです。

連休中の網走湖は、ワカサギ釣りをする人たちでとても賑わっていました!冬のオホーツククロスカントリースキースキー、スノーボードなどいろいろなアウトドアが楽しめますね。

さて、今回の「イベント情報★週末レジャーに!」では、紋別で2010年2月21日(日)から25日(木)まで開催される第25回北方圏国際シンポジウムの公開講座について読者・釣山史さんから情報をいただきましたので、ご紹介します。

◆公開講座 「ふるさとの海」(2月24日開催)についてのご案内◆

紋別市は流氷が訪れる南限の地域として、流氷砕氷船ガリンコ号氷海展望塔オホーツクタワーでも知られる、自然豊かな全国でも指折りの水産都市です。

その当地で毎年2月に開催される「北方圏国際シンポジウム」。地域の特性を活かした「地球温暖化」などの環境問題や「北方民族の歴史」、「オホーツクの水産」などの専門的な研究発表のほか公開講座 「ふるさとの海」は、一般の方でもお気軽にご参加いただけます。

今回は科学的な研究だけではなく、趣向を変えて、『江戸から戦前にかけての沖合い漁業』の歴史話を私が解説しますので、皆さんのお越しをお待ちしています。

また、期間中「カレイを中心としたお魚と戦前の紋別浜の写真展」(2/21から25まで)を開催し、当日(2/24)は『昔の紋別浜の写真集』を配布します。

第25回北方圏国際シンポジウム・公開講座ポスター

第25回北方圏国際シンポジウム・公開講座
<クリックで画像が拡大します>

公開講座は紋別市文化会館 1階ホールを会場に、第1部は9:00から(開場8:45)、第2部は13:00から行われます。

「第25回北方圏国際シンポジウムオホーツク海と流氷」は、紋別市民会館、紋別市文化会館などで2月21日から25日まで開催されます。公開講座のほか、加藤登紀子さんによる特別公演や、映画上映会、コンサート(事前に申し込みが必要)などもあるようです!

身近なオホーツク海についていろいろな角度から知ることのできる良い機会ですね。足を運んでみてはいかがでしょうか。

第25回北方圏国際シンポジウムの日程について:オホーツク海・氷海研究グループ

詳細は、北方圏国際シンポジウム事務局(0158-26-2810)へお問い合わせください。


より大きな地図で 第25回北方圏国際シンポジウム開催場所 を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.