« 前へ | メインページ | 次へ »

網走市丸万・開拓の歴史を残す「聖徳太子碑」

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局のsoraです。

まだ10月半ばというのに、冬のように冷え込む日が続いているオホーツク。濤沸湖(とうふつ湖)の白鳥公園にもそろそろ白鳥が飛来する季節ですね。
今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、白鳥公園にもほど近い網走・丸万にある石碑の写真を、読者・ISSOさんから投稿いただきましたのでご紹介します。



先日、網走市内の丸万地区を車で走っていたら、道路脇に大きく「聖徳太子」と書かれている石碑を見つけました。ん?と思い車を止めて、石碑の側面とか裏面を調べてみましたが、何も書かれていません。辺りには道路と畑しかなく、???と思いデジカメのシャッターを切りました。
これって、なんなんですかね?

聖徳太子碑(網走市・丸万)
聖徳太子碑(網走市・丸万)
<クリックで写真が拡大します>

網走叢書(そうしょ)「網走の碑」によると、この「聖徳太子碑」は、もともと大正8年に道路の開通を記念して、工事をした方が楢(ナラ)の角柱に玉垣(たまがき)をめぐらせ、奉祀したものでした。多年の風雪で碑も玉垣も壊れてしまい、昭和50年に道路の拡幅工事でその敷地もなくなることに。

そこで、丸万道路愛護組合によって現位置に再建されたのだそう。かつては「聖徳太子前」としてバス停の名前にも使用されていたのだとか。

近くには、映画「子ぎつねヘレン」のロケにも使われた旧丸万小学校(市営民俗収蔵展示施設)があり、道をはさんだ向かいには「開拓之碑」が建っています。


網走市旧丸万小学校(市営民俗収蔵展示施設)
旧丸万小学校(市営民俗収蔵展示施設)


前述の本「網走の碑」(図書館で借りられます)には、網走歴史の会の丁寧な取材により、128の碑についての歴史が写真・地図付きで書かれています。宝探しのように碑を見つけながらドライブしてみるのもよさそうですね。


より大きな地図で 聖徳太子の碑と旧丸万小学校(市営民俗収蔵展示施設) を表示

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.