« 前へ | メインページ | 次へ »

オホーツクのりんご栽培☆上湧別・北限のリンゴ産地

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局のsoraです。

今回の「発掘!オホーツクの風景・景観」では、読者・釣山 史さんから投稿いただいた、オホーツク地域でのリンゴ栽培の歴史後編をご紹介します。

前編はこちら≫
オホーツクのりんご栽培☆網走・呼人栽培地跡ほか

『北限のリンゴ、北見地方の栽培の始まり』

◆北限の湧別リンゴ

明治30年に屯田兵が入地したときには中湧別の先住者・徳弘正輝の庭に相当のリンゴが結実しており、これが上湧別のリンゴの濫觴(らんしょう)と思われるが、また、土井菊太郎が同27年に入植して徳弘の畑地を借りた際、既に数本のリンゴが植えられていたと云う。

このように湧別地方ではリンゴの育成が良好なことから、明治32年には中隊本部が苗木を斡旋し、これらは同37年頃から結実し始めて、上湧別では村農会が大正6年にリンゴの技術員を置いて指導の強化に努め、同11年に各部落組合が結成されて村内品評会が開かれるようになった。

また、同10年からは「湧別名産りんご」のレッテルの使用が始まり、こうして上湧別では屯田兵村を中心に栽培が広がって、大正後期には上湧別の耕作戸数が全道の1/4にも及んで、同15年に当地で北海道庁による第五回栽培地実地指導講演会が行われるまでとなった。

上湧別の早生リンゴ(2009年8月撮影)
上湧別の早生リンゴ(2009年8月撮影)

そして昭和11年の陸軍特別大演習の際には「北限のリンゴ」として天皇陛下へ献納し、また、同13年の北海道園芸会主催の第六回園芸作物展覧会では、平野毅が品種「旭」を出品して一等となるなど本村リンゴの最盛期を迎えた。

かつて日本最北のリンゴの産地だった上湧別町。特産品だったリンゴは、残念ながら現在では農家の方が自宅用に栽培するだけになってしまったそうです。赤く実るりんごを探しつつ、秋の上湧別町を訪れてみるのもいいかもしれませんね。

★チューリップ公園をはじめ、上湧別町のおすすめはこちら
上湧別・滝上他「花回遊」道の駅などでスタンプラリー
上湧別・清里☆道の駅の温泉で疲れを癒そう!
道東・オホーツクでお花見なら!桜の名所情報2009

コメント

釣山 史:

歴史ロマン
~最北・新撰組のリンゴ

「上湧別村史/大正9年」には『最も早熟なる紅魁及嚴冬に堪ゆる俗稱阿部七號と名づく倭錦外數種の一、二年生取交ぜ五千本を購入して・・・』とあるが、この「倭錦」を開発したのは「阿部隆明」で、元新撰組であったが、仲間割れから近藤勇を襲撃して重傷を負わせたもので、維新後は開拓使を経て農商務省の葡萄園兼醸造所へ配属され、のちに札幌に果樹園を開いて、「北海道果樹協会」の発足では中心となり初代理事となった人物である。 

オホーツク発掘ブログ事務局:

こんにちは、釣山 史さん。
オホーツク発掘ブログ事務局のsoraです。
いつもありがとうございます。

オホーツク地域でのリンゴ栽培の歴史は
興味深いものがありました。
さかんだった頃の様子を見てみたかったです。

さまざまな方が携わったリンゴの木が少しでも
残されていくことを願いたいですね。

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.