« 前へ | メインページ | 次へ »

2009知床の道路開通情報☆知床五湖方面、知床峠

こんにちは、オホーツク発掘ブログ事務局のkoroです。

2009年4月19日、斜里町ウトロ知床世界遺産センターがオープンしました。道の駅うとろ・シリエトクと隣接しているので、一度に2か所訪ねることができて便利です。パネルやジオラマで知床の自然について学んだり、情報収集ができるので、ぜひ国立公園内に入る前に立ち寄りたいですね。

また羅臼側には、知床岬、知床岳といった一般旅行者は訪れないエリアに入る本格的な登山者やシーカヤッカーに対して、ルールや現地情報を提供するルサフィールドハウスが2009年6月にオープン予定。一般の来訪者向けに展示もあるそうなので、こちらも楽しみです。

知床世界遺産センター
知床世界遺産センター
(クリックすると写真が拡大します)


さて、「北海道オホーツクの観光情報」では、その世界自然遺産・知床の開通情報をお届けします。知床五湖岩尾別温泉方面の道路、そして知床峠(知床横断道路)開通すると観光シーズンは本格到来です!

知床峠の除雪風景
知床峠の除雪風景
(クリックすると写真が拡大します)

◆知床五湖・岩尾別温泉への道路は4月24日オープン!

冬期間通行止めだった岩尾別ユースホステル付近より先、知床五湖へ続く道道93号知床公園線町道岩尾別温泉道路岩尾別温泉・地の涯(ちのはて)までの道)が、2009年4月24日に開通します。

この開通により知床五湖遊歩道の散策が可能になり、知床連山もカメラのファインダーに入りきらないほど間近に眺められるようになります。エゾシカ、ヒグマ、キタキツネ、野鳥といった野生動物との出合いも楽しみの一つ。野生動物との接し方などルールを守って世界遺産の自然を満喫してくださいね。


◆知床横断道路(国道334号線)は4月28日10時オープン予定!

開通に先立ち、4月18日に除雪したての道路を参加者が歩くイベント「雪壁ウォーク2009」が行われた知床横断道路。斜里町ウトロ-羅臼町間を約1時間で行き来できるようになるので、両町に住む人も開通を心待ちにしています。GW頃でも天候によっては降雪で通行止めになることもあるので、開通後も道路状況はこまめにチェックしてくださいね。なお、4月28日の開通後しばらくの間は10時から15時までが通行可能です。

4月30日追記
4月30日付で、網走開発建設部より以下の通り開通の発表がありました。

『4月26日(日)からの悪天候により開通を延期していました一般国道334号知床横断道路(羅臼町湯ノ沢から斜里町字岩尾別道道交点延長23.8km)については、5月2日(土)に開通を予定しておりますので、お知らせいたします。
知床横断道路では、28日からの開通を延期しておりましたが、天候が回復に向かっていることと除雪作業の進捗にともない、通行規制の解除を予定するものです。
なお、今後の気象状況によっては、開通予定日時を変更する場合がありますので、併せてお知らせします。』

5月2日朝10時からの開通が待ち遠しいですね!今度こそお天気に恵まれた開通となりますように。

詳しい道路情報はこちら!
網走開発建設部ホームページ


☆GWにおすすめの知床関連記事はこちら☆
▼「ポンホロ沼~オホーツク・知床原生林に、春ひっそり生まれる幻の沼
▼「知床半島の付け根・海別岳のふもと、空へ延びる直線道路~これぞ北海道の丘!

世界遺産・知床の町、斜里町関連記事も参考にしてくださいね!

※道道93号知床公園線、町道岩尾別温泉道路、知床横断道路(国道334号線)の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」


より大きな地図で 知床五湖方面・知床峠開通情報 を表示

コメント

やす:

知床世界遺産センターの開館は、北海道新聞の記事でも読みましたが、どこの(環境省、観光庁、道立)所有なのでしょうか? この夏に訪れてみたいです。

やすさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

知床世界遺産センターは環境省の管轄です。
ウトロ側の知床世界遺産センターが一般観光客向け、
羅臼側のルサフィールドハウスがバックカントリーに入る
本格アウトドアのビジター向けと位置付けているようですね。

夏に知床を訪れた際は、感想などお寄せいただけるとうれしいです^^

また遊びに来てくださいね♪

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.