« 前へ | メインページ | 次へ »

網走の能取湖☆流氷とオホーツクの海に沈む夕日の名所

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。
北海道は雪解けが徐々に進んで、春の足音が聞こえてきました。4月になると道東はミズバショウフクジュソウオオバナノエンレイソウなど、早春の花が咲き出します。道路の状態も良くなってドライブ観光にいい季節がやってきますね。

今回は、読者・ひめさんからの、道東・網走市の景勝地・能取湖の景観をご紹介します。

まだ流氷の残るオホーツク海に沈む夕日。

能取湖からオホーツク海に繋がっているあたりに沈む夕日です。

能取湖からの夕日
「能取湖からの夕日」
(クリックすると画像が拡大します)

ネーミング:募集中

オホーツクの夕陽の名所といえばサロマ湖が有名ですが、能取湖からの眺めもまた格別ですね。

流氷は、まだ網走や知床など、オホーツク海沿岸にとどまってくれています。2008年は、3月でも十分流氷観光ができる、最近では珍しいシーズンになりました。

※能取湖周辺の冬の観光スポットはこちら!
網走市・能取岬の流氷☆青い海&白い流氷のコントラスト
道東・網走能取岬の美岬トンネル☆出口に広がる白銀の流氷原

※北海道でGWも滑れるスキー場情報
北海道でGWも春スキー☆北大雪スキー場そばからの景観

この景観へのネーミング・感想を募集します。コメントをお寄せください。

※この場所の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」


大きな地図で見る

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.