« 前へ | メインページ | 次へ »

道東・紋別市のオムサロ原生花園☆オホーツクの流氷と冬の波

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のHamaです。
昨日のオホーツク地域は非常に風が強く、外に出るのも車を運転するのも怖いくらいの一日でしたが、岸から離れたり接岸したりを繰り返す流氷も、まさに風の吹くまま、風まかせの様子でした。今週末は、ようやくお天気が晴れて落ち着きそうです。『知床ファンタジア2008☆夜空を彩るオーロラファンタジーほか』『北の新大陸発見!あったか網走/スノーモビルランドinサロマ湖』でご紹介したロングランイベントや、流氷観光に出掛けてはいかがでしょうか?

今回は2月27日の「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」でもたくさんの「美味いもん」が紹介されていた道東・紋別。読者・sato567さんからオムサロ原生花園で見た流氷の景観情報をご投稿いただきましたのでご紹介します。

撮影場所・・・オムサロ原生花園 海岸での撮影
紋別市西部海丘地帯にあります。
夏に咲く エゾスカシユリ&ハマナスも綺麗ですが冬のこの景色が好きです。
海岸線に打上げられた流氷に海からの 冬の北海道厳しさと、美しさだと思います。

オムサロ原生花園の流氷
sato567さんのネーミング
「冬のオホーツク」

ネーミング:募集中

まさに冬のオホーツクならではの写真ですね。今年は例年にも増して流氷も押し寄せ、荒々しい風景が広がっていることでしょう。

夏には色とりどりの花が海岸線に咲き誇るオムサロ原生花園。約50種類もの野生の草花があるそう。春から夏にかけては、マガレイ、クロカジカなどが釣れる道東の釣り場としても知られ、一年中楽しめる観光スポット
オムサロ原生花園内には、以前流氷の絶景ポイントとしてご紹介した流氷岬や、カニなど北海道や地元の特産物も揃える休憩施設オムサロ・ネイチャー・ビューハウスもあるので、流氷観光を楽しんだ後に冷えた体を温めるのもいいですね!

※紋別市の、冬の流氷観光情報はこちら!
道東・紋別の流氷砕氷船ガリンコ号IIから見るオホーツクの朝日
流氷観光情報2008(2)☆流氷ウォークと流氷絶景ポイント他
流氷観光情報2008(1)☆おーろら・ガリンコ号II、流氷ノロッコ号他

この景観の感想とネーミングを募集します。コメントをお寄せください。
景観情報の応募方法は、「オホーツクの隠れた景観大募集☆オホーツクの特産品プレゼント」をご覧ください。たくさんの応募をお待ちしております。

※この場所の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」

大きな地図で見る

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.