« 前へ | メインページ | 次へ »

世界自然遺産・知床の弁財崎とオジロワシ☆斜里町の絶景スポット

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。

オホーツク景観発掘ブログの投稿の締め切りは、『2月・3月のテーマはもちろん「流氷」!☆テーマ大賞にはオホーツクの特産品プレゼント』で発表したとおり、3月16日までです。まだまだ間に合いますので、ストックされている景観がありましたらドシドシお寄せください

今回は読者・ezomomongaさんから、冬の観光でにぎわう道東・斜里町の穴場観光スポットをトラックバック投稿いただきましたのでご紹介します。

※トラックバック投稿については、「道東のオホーツク・隠れた観光スポットの投稿をトラックバックで!」をご覧ください。

またこの冬もオホーツクを周り楽しんできました。

そして、いつも流氷の時期には訪れるウトロですが私がお薦めするのは、あまり知られていない「弁財崎」。

弁財崎
「弁財崎」
(クリックすると画像が拡大します)

ここは夏も自転車で走りながら夕日を楽しみましたがなんといっても、オジロワシが必ずといっていいほどとまっているのが魅力的!
夏場もいるので、渡ってきた個体ではなくこの地で繁殖しているのかもしれませんね。

題名をつけるとしたら「オジロが見守るオホーツク」といったところでしょうか。

数日前から、今回の旅の様子(羅臼野付など)を綴っております。
「弁財崎」からの流氷に沈む夕日も載せていますのでどうぞご覧くださいね。

弁財崎
読者・ezomomongaさんのネーミング
「オジロが見守るオホーツク」

(クリックすると画像が拡大します)

▼ezomomongaさんのブログ
「いんでないかい北海道」の記事「オホーツクへ・・・・・ウトロで流氷を眺める」

ezomomongaさんは北海道の十勝連峰のふもとにお住まいで、ブログ「いんでないかい北海道」では最近のオホーツク旅行記をアップ、ほかにもオシンコシンの滝プユニ岬からの流氷知床連山、夕日の様子などすばらしい写真を掲載され、撮影スポットも紹介してくださっています。

りりしいオジロワシの姿が、本当に見守っているようです。冬のみ飛来するオオワシとともに、一部北海道で繁殖するオジロワシは、オホーツク海の象徴ですね。

冬の知床でも、スノーシュー歩くスキーで歩かずに車で簡単に行ける観光スポットは、この弁財崎のように、まだたくさんありそうです。

※冬の知床・絶景ポイント情報はこちら!
流氷観光情報2008(2)☆流氷ウォークと流氷絶景ポイント他
道東・知床の2008年流氷写真☆冬の風物詩、斜里町ウトロに到達
世界遺産・知床で見るオオワシ!天然記念物・道東の冬の使者

※冬の知床・観光情報はこちら!
道東・世界遺産「知床」のオーロラファンタジー☆2008年の写真
知床ファンタジア2008☆夜空を彩るオーロラファンタジーほか
女満別空港のお土産特集!オホーツクで今話題の名産品は?

この景観へ感想を募集します。コメントをお寄せください。

景観情報の応募方法は、「オホーツクの隠れた景観大募集☆オホーツクの特産品プレゼント」をご覧ください。たくさんの応募をお待ちしております。

※この場所の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」


大きな地図で見る

コメント

ワシはかっこいいですねぇ。ウトロの海岸線を走っていると、結構目にしますが、必ず見られるポイントというのは貴重ですね。オシンコシンのもうちょい先ですね。気をつけて見てみます。

オホーツク景観ブログ事務局:

こんにちは!オホーツク景観ブログ事務局のMOMOです。ウーリーさん、コメントありがとうございます。

オジロワシは魚が主食だそうで、「海岸によくいる」とは言われますが、数の少ない猛禽類だけに、はっきりしたポイント情報は貴重ですね!

一部ですが夏には繁殖するということも確かなようで、改めて世界自然遺産・知床の環境、森林だけじゃなく海まで含めた生態系の豊かさを感じさせられました。

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.