« 前へ | メインページ | 次へ »

清里町「神の子池」☆オホーツクの神秘!池底に眠る老木の姿

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のyotsuです。
読者・ぱんつぉーねさんから道東・清里町の景観情報をいただきましたのでご紹介します。

清里町にある「神の子池」です。
摩周湖の伏流水といわれているこの池は透明度が高く、底までくっきり見えます。 池の中に老木が倒れて横たわっており、それがまた神秘的な雰囲気をかもし出しています。
樹木と言うと生きている木を想像しがちですが、倒れてしまった木池の中に見るの もまた一興だと思います。
タイトルは「池で眠る木々たち」。
神の子池まではダートですが、そのダートを走っても一見の価値ある場所だと思いま す。
神の子池に眠る木々
ぱんつぉーねさんのネーミング
「池で眠る木々たち」

(クリックすると画像が拡大します)
ネーミング:募集中

で有名な北海道遺産摩周湖の湧水というだけあり、その透明度に加え青みがかった色が美しいですね。
お写真では、池の中を泳ぐ魚たちまではっきり見えています!
東オホーツクを観光の際は、道道1115線(摩周湖斜里線)を使って、 神の子池裏摩周展望台に併せて立ち寄るのもおすすめです。

※他にもあります!秘境の水辺観光スポットはこちら。
ポンホロ沼~オホーツク・知床原生林に、春ひっそり生まれる幻の沼
清里町:さくらの滝☆サクラマスが滝を飛び跳ねて登る
オホーツク・網走のリヤウシ湖☆野鳥と水芭蕉の楽園

この景観の感想を募集します。コメントをお寄せください。
景観情報の応募方法は、「オホーツクの隠れた 景観大募集☆オホーツクの特産品プレゼント」をご覧ください。たくさん の応募をお待ちしております。

※この場所の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」

拡大地図を表示

トラックバック

» 晩秋の神の子池 ( 送信元: いいたび@オホーツクブログ −旅・自然・移住−  )
 オホーツクに戻って、気になって出かけたのが清里町の「神の子池」です。オホーツクではあちこちで雪の便りがあります。もしかするとこの画像が雪のない今年最後の...[詳しくはこちら]

コメント

 ご無沙汰しております。

 神の子池はいつ「たずねて」もよい場所です。これから雪が降ると車では入れなくなりますが、スノーシューで1時間ばかり歩くとたどり着けます。

 雪のある神の子池も最高です。今年も何度かスノーシューで神の子池に行く予定です。

 スノーシューで神の子池に行ってみたい方いらっしゃいましたら、ご案内しますよ!スノーシューのレンタルもあります(^^)

 トラックバックさせていただきました。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。

natsumiさんありがとうございます。
神の子池は雪が降った冬にも楽しめるとは初耳でした。青い水を湛える神の子池が、雪をまとってさらに神秘的な雰囲気になるのでしょうか。

ただ、スノーシューで1時間をきちんと歩けるように、私は少し体力づくりも必要なようです(笑)。

また、おすすめの穴場ポイントがございましたら、教えてくださいね。

ひたきせ:

8月20日のナニコレ珍百景という番組で、神の子池が放送されていましたね。
なんとも神秘的でした

オホーツク発掘ブログ事務局:

オホーツク発掘ブログ事務局のmidoriです。
ひたきせさん、コメントありがとうございます。

「ナニコレ珍百景」テレビ朝日の番組ですね。珍百景No.230「水の中の宝石」として紹介されたとか。
残念ながら見逃してしまいましたが、水底の石英が青い光だけ反射して青く見える、という解説に「それでこんなにきれいな色なんだ!」と納得しました。

機会があったら、(おすすめは晴れた日です)ぜひ行ってみてくださいね!

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.