« 前へ | メインページ | 次へ »

網走「感動の径」が見せるオホーツクの田園風景と海

こんにちは、オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。
読者・yuriさんからの景観をご紹介します。

左前方にオホーツク海がのぞめ、(今はないけど)畑に囲まれ、まっすぐ伸びる「道」です。ネーミングは、「感動の径・三景の道」。「海」「畑」「道」です。
感動の径
読者・yuriさんのネーミング
「感動の径・三景の道」

(クリックすると画像が拡大します)

ネーミング:募集中

網走の観光スポット「感動の径」周辺は、花が満開のじゃがいも畑、黄金色の麦畑、緑のビート畑、ヒマワリ畑、キカラシの菜の花畑など、季節・場所によって違う作物のコントラストが道東きっての見事さ。まさに「感動の径」です。

高台なので、読者・yuriさんの写真のように、海まで眺め渡せる直線道路も。国道39号からの入り口は、網走市呼人で、北海道の名物・スープカレーの店「木多郎」が目印です。

10月7日(日)には、人気イベント「感動の径ウォーク2007」が開催されます。ちょうど紅葉の時期でもあり、旅行中の参加もおすすめです。10月4日(木)が申し込み締め切り、参加をお考えの方は、お早めに!

網走市観光協会:感動の径ウォーク2007

ここは天都山のそばで、「網走・スキー場にあるフラワーガーデン「はな・てんと」の花風景」にあるとおり、観光客にも人気の博物館、レジャー施設がたくさんあります。ぜひ「感動の径」で、オホーツクの田園風景を堪能してください。

この場所、読者・yuriさん「感動の径・三景の道」と名付けてくださいました。いかがでしょうか?

この景観の感想・ネーミングを募集します。コメントをお寄せください。

景観情報の応募方法は、「オホーツクの隠れた景観大募集☆オホーツクの特産品プレゼント」をご覧ください。たくさんの応募をお待ちしております。

※この場所の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」



拡大地図を表示

コメント

この道の途中にはファームイン「あむろふぁーむ」がありまして、ここでお昼に提供している手打ちうどんがお勧めです。
冷たいうどんと暖かいうどんの2種類がありますが、私は冷たいうどんが好きですね。うどんも美味しいけど、つけ合わせの梅干しもこれまた美味しいんですよねぇ。
大自然の中に立つログハウスで食べるうどん。最高でしょ。5月~9月の間食べられます。残念ながら今年はもう終了しましたので、来春を楽しみにしていてください。ちょっとわかりにくい場所にあるので、HPで事前に確認してから行ってくださいね。
http://www3.ocn.ne.jp/~amuro/

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。ウーリーさん、コメントありがとうござます。

冷たいうどんに梅干というと、さっぱり夏の味ですね。夏の間はジャガイモの花が満開になり、麦畑が色づくころで、また素晴らしい眺めになります。そんな中でおいしい物を食べるのは、また格別でしょう!

食べどころ情報ありがとうございました。

ゆきちゃん:

「感動の径」名付けの親の一人である名鉄観光の野竹鉄蔵さんの想いを以下のページで読ませていただきました。
http://www.abashiri.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/oshirase/walk/notake.htm

「感動の道」から「感動の径」へ看板を変更した経緯があったんですね!本当に思い入れの深い農村景観だということもわかりました。

このような場所が今後も残っていくことを願っています。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。ゆきちゃんさん、コメントありがとうござます。

線としての「感動の道」ではなく、面としての「感動の径」への思いは、たしかに!とうなずかされるものでした。

海まで続く面的な広がりは、この風景の感動の源ですね。流氷の頃はどんな風景になるのだろう?と、訪れてみることを画策しています。

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.