« 前へ | メインページ | 次へ »

網走市卯原内(うばらない)能取湖の開花情報☆サンゴ草

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のYANAです。

今日は女満別のひまわり遠軽町のコスモスにつづく第3弾!!
網走市能取湖のサンゴ草の情報です!

サンゴ草は、草丈15cmほどの一年草で、秋に赤くなるのでサンゴ草とも呼ばれていますが、正式には「アッケシソウ」といいます。
これは北海道厚岸湖湖畔で発見されたことから、そのような名前がついたとか。
写真でもわかるように、赤い花が咲くのではなく、緑の茎が赤く色づくのですが、なんとなくこの形もサンゴに似ていますよね。

サンゴ草群生地 サンゴ草拡大
(クリックすると画像が拡大します)

ここ網走市卯原内(うばらない)の能取湖畔は国内でも最大級の群生地で、この時期には一面に真っ赤な絨毯が広がるようです。
この3連休が見頃ですので、ぜひご覧になってください。

ちなみに、サロマ湖畔キムアネップ岬付近にも群生地があり、そちらも見ごたえがありますよ。

※この場所の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」

拡大地図を表示

コメント

もっち:

はじめまして!
サンゴ礁がきれいな南国の海の近くに住んでいます。
「アッケシソウ」本当にサンゴ礁のように見えますね!
ちょっとビックリしました。

北海道は、花がきれいなところのようで、ブログを見ているとすぐにでも行きたくなります。
また素敵な花の情報が更新されるのを楽しみにしています♪

 今年はまだ卯原内に行っていませんが、去年はしっかりこの周辺を徘徊して堪能しました。明後日はこの付近を通過するのですが、時間が深夜・・・。

 でもこの季節のオホーツクの醍醐味ですから、しっかり行きたいですね・・・(^^)

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局のYANAです。

もっちさん、natsumiさん、コメントありがとうございます。

私はまたまた昨日見に行ってきましたよ!
天気も良かったこともあって、大勢の方が見にきていました。
やはりこの時期のオホーツクの風物詩ですね。

もっちさんも是非オホーツクにいらして、季節の花々をご覧になっていただければと思います。
オホーツクの花々は、本州の花々に比べて鮮やかな色の花が多いように感じています。
そして、これからは紅葉の季節です。
こちらもとっても素晴らしいですよ!

natsumiさんも今度は明るいうちにご覧になってくださいね。

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.