« 前へ | メインページ | 次へ »

発見!?道東のサロマ湖に浮かぶ謎の街!

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のYOKOです。
usagiさんからいただいたオホーツクの景観をご紹介します。

7月中旬、時間は午前11時すぎ。サロマ湖を右手にみながら国道238号線を走っていると、沖合に、ながーい貨物列車のような物体を発見。対岸の家?いえいえ、それにしてはやけにはっきり、大きく見えて、しかも…浮いている???

この画像を、某・オホーツク博士にお伺いしたところ、浮島現象(蜃気楼)とのこと。
7月から8月にかけての時期に、天気が良くて南風の日に見られることがあるのだそうですよ。運が良ければあなたも蜃気楼に出会えるかも?

発見!?サロマ湖に浮かぶ謎の街!
発見!?サロマ湖に浮かぶ謎の街!
(クリックすると画像が拡大します)

道東で流氷が去った後に、オホーツク海の水平線上に蜃気楼となって見える現象「幻氷」は、ときどき新聞の記事などで見かけますが、夏のサロマ湖でもこのようなことがあるのですね。
北海道をドライブしながら観光する方は、水平線を注意しながら通ることをおすすめします。

この景観の感想・コメントをお待ちしております。

景観情報の応募方法は、「オホーツクの隠れた景観大募集☆オホーツクの特産品プレゼント」をご覧ください。たくさんの応募をお待ちしております。

※この場所の地図はこちら!「Google map(グーグルマップ)」


拡大地図を表示

コメント

昨日、この場所から同じ角度でサロマ湖を眺めて見ましたが、蜃気楼は見えませんでした。謎の街は対岸の湧別町の町並みなのですが、確かに写真では湖に浮いているように見えますね。気温などの気象条件が揃わなければ見られない景色。是非見てみたいです!

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。
ウーリーさんコメントありがとうございます。

行ってこられたのですね。サロマ湖沿いには車を停めて湖を眺められるスペースがあります。天気のいい日は、オホーツクブルーの空と輝く湖面が本当にきれいですよね。

あそらく、そのへんで見ることができたのかと推測しています。なかなか厳しい確率になりそうですが、私も是非見てみたいです!

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.